FC2ブログ

2019-06

ファミマTカード、5つの改悪を実行後の新サービス内容は

ファミマTカードは2019年7月31日まで下記キャンペーンを実施中

ファミマTカード、ApplePay利用で最大1万Tポイントをプレゼントキャンペーン


本題ですが2019年7月からファミペイがスタートに伴い
5つのサービスがリストラされることになった。

2019年7月31日(水)ご利用分をもちまして、ファミマTカード(クレジットカード)の以下
サービスを終了させていただきます。何とぞご了承賜りますようお願い申し上げます。
https://ftcard.pocketcard.co.jp/detail_change/

終了サービス
1,カードの日
2,レディースデー
3,ファミランク
4,クレジット払いポイント3倍
5,25歳以下ポイント2倍

そして2019年8月から新サービスは
ファミマTカード(クレジットカード)のクレジット払いなら、ファミリーマート
でのお買い物200円(税込)ごとにTポイント2%いつでも貯まる!
https://ftcard.pocketcard.co.jp/detail_new/

税込200円で4Tポイント貯まると2%の還元率で改善するが
ローソンは税別100円で2Ponta貯まるクレジットカードは
2種類(ローソンPontaプラス/JMBローソンPontaカードVisa)
ありポイントの貯めやすさはローソンでしょう。

またPayPayはヤフーカードや銀行入金などの残高支払い
で標準還元率は3%など〇〇Payとの還元率競争もある。

ファミペイの詳細がわかるまで最終評価はできないが
ファミマTカードは今後もTポイントが貯まるカードである
ことがわかった。

コンビニは少額決算かつスマート支払い完了したいので
コード/QR支払いより非接触決済のカードやおサイフ
ケータイが便利。

それ以上の魅力的なサービスをファミペイやセブンペイ
が提供できるか、2019年7月の両サービスのサービス
イン時に詳細を比較する予定。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

ゆうちょ銀行、投信の販売金額で毎月分配型が多い不都合な真実

今日はこの記事から

投信「不適切販売」ゆうちょ銀、上位に毎月分配型めだつ
https://www.quick.co.jp/3/article/14539

金融庁の方針で毎月分配型投信が顧客本位でないと指摘
してから販売会社や運用会社が販売を控えたり新規設定を
抑えている中、ゆうちょ銀行は当方針をスルーしているようだ。

毎月分配金を出すことは毎月の入金がある一方、税金も毎月
約20%引かれ、投資効率が悪化し長期投資には向かないと
されており、私は1度も購入した経験がない。

毎月分散型の3投信の信託報酬コストは税込約0.9%~約1.78%
とゆうちょ銀行の投信販売は情弱ビジネスかわかりませんが
金融庁の方針に対して今後も同じ営業を続けるのか注視したい。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

Amazon、注文した商品が届かないたった一つの理由

先に回答すると、運送会社を管理できていないから。

先日、初めて注文した商品が届かなかった。商品は5万円位。
注文数日後に配達予定日を確認ログインしたところ配達済で
ポスト投函になっていた。配送業者は有名なデリバリープロバイダー。

ポストに入る大きさではないと思いながら確認すると商品は
届いていなかった。やもえずAmazonに電話すると確認して
メールしますとのこと。

そして翌日時間指定で届けますとメールがあった。結局届か
なかった。配達済みなのに翌日に再送できるのか後で考える
とおかしいと思った。

2回めにAmazonに電話すると配送業者から必ず電話させます
を約束したが、結局電話は来ず。流石に3回めは気合を入れて
Amazonに電話してリーダーに変わってもらい明日に代替新品
をヤマトなどで送りますと約束。

後のメールでヤマトの伝票番号を知らせてもらいいざ当日。
近所の拠点の出発は確認できるも夜9時前に持ち帰りに
なっていた。不在伝票もなかった。

翌日にヤマトの人が来てなぜ昨日届かなかったのか理由
を聞いたが昨日は担当でないからわからないとのこと。これ
以上は詮索せず商品を受け取った。

もちろん今回はレアなケースかも知れない。だがしかし3回
電話交渉しても3回とも約束は守れなかった。つまり商品を
確実に届けることより配達コストを最優先した結果かと。

「Amazon 届かない」ツイートを見ると1日50-100件前後見つかり
日にちが書き込まれたツイートはAmazon公式アカウントから
以下のツイートがある

ご心配をおかけしております。注文履歴(http://amzn.to/1hzosDt )
に記載のお届け予定日は経過しておりますか?お届け予定日内
の場合には、恐れ入りますが今しばらく到着をお待ちください。
お届け予定日を過ぎている場合、Amazon発送もしくは出品者
発送のどちらであるかお知らせいただけますか?

今後、納期商品はAmazon以外を利用するが、配達コストより
配達品質を重視しなければ今後も利用しなくなるでしょう。
 
スポンサーリンク





テーマ:ネットビジネス - ジャンル:ビジネス

三菱UFJニコスと三井住友カード、Visaタッチ決済の取り組みの違い

今日は三菱UFJニコス(ニコス)と三井住友カード(SMCC)が
Visaのタッチ決済の搭載開始のプレスリリースの比較から
取り組み方の違いを読み解く。

ニコス
2019年5月31日
http://info.cr.mufg.jp/news/down2.php?attach_id=346&seq=1545&category=1&page=1
・タッチ決済採用の目的は会員の一層の利便性向上と安全・安心・快適に
利用できるキャッシュレスサービスや決済機能の拡充に努めてまいります。

・タッチ決済対応カードはJALカードVisaのみ

SMCC
2019年2月28日
https://www.smbc-card.com/company/news/news0001437.jsp
・目的は圧倒的なキャッシュレス決済体験を提供することで、お客様のより
一層の利便性向上を目指し、キャッシュレス社会の実現を加速いたします。

・タッチ決済対応カードはプロバーVisaカードとSMCCが発行する提携Visaカード

・Mastercardブランドのクレジットカードへの非接触IC決済(Mastercard contactless)
の搭載は準備中
*3ヶ月後の進捗は不明

まとめ
タッチ決済(コンタクトレス決済)の推進にどちらが積極的かは
言及しませんが、プレスリリースを読むだけで会社の熱意の差
がわかる一例だった。

またニコスのニュースリリースは過去形(5/29開始済み)に対して
SMCCは未来形(3月以降)の違いもわかった。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

大和投信、投資体験アプリ「iFreeタッチ」投入で賞金総額250万円イベントがスタートですが

今日はこのプレスリリースから

『優勝賞金100万円ダービー開催!』投資体験アプリ「iFreeタッチ」配信開始
https://www.daiwa-am.co.jp/company/press-release/20190612_01.html

内容は投資体験できるゲーム感覚のiPhone/Androidスマホ無料アプリ
アプリ内課金なしは良心的

▼無料アプリの体験感想
・バーチャル・コンシェルジュ「リーナ」はどの客層をターゲットか
男性なのか女性なのか投資未経験者なのか、設定を知りたい

・登録はニックネームのみ

・初期設定は総資産が仮想通貨の100万円、iFree8資産バランスに100%投資中

・取扱投信は、iFreeシリーズのみ、購入手数料や分配金はない

・iFreeダービー第1回は2019年7月~9月まで開催し運用資産の
増加率を競い合い、優勝者は賞金 現金100万円とこれはリアル
マネー賞金総額250万円を合計294名が当選する
*50万円を超える当選者は源泉所得税、復興特別所得税など税金を控除後の金額を支払う

▼まとめ
アプリとして真面目に仮想投資体験ができる。そしてiFreeダービー
は今後も開催が続くようですが、賞金総額とアプリ開発費など初期
投資額は少なくとも1,000万円以上のコストをかけたと思われる。

当アプリのメインターゲットはわからないが、個人的には信託報酬
コストを下げた方がうれしい。しかしながら独自ドメインを取得し公式
Twitterアカウントは2019年4月に開設したアプリでこのアプローチ
はユニークなので今後を見守りたい。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる