fc2ブログ

2024-04

PayPay証券、クレカ積立で月最大700ptまで貯まる仕様に改善

今日はこのリリースから
「PayPay資産運用つみたて還元プログラム」におけるポイント付与上限額を引き上げ!
「クレジットつみたて」の積立額上限10万円まで0.7%(最大700ポイント)のポイント還元を開始
https://about.paypay.ne.jp/pr/20240424/01/

▼内容
今まで
クレカ積立で最大350ptたまる
2024年5月から
クレカ積立で最大700ptたまる

▼まとめ
月5万円分だけポイントが貯まる仕様から月10万円まで拡大改善する。
クレカ積立で10万円設定して、1ポイントも貯まらない主要ネット証券は
SBI証券だけになるが、このまま維持するのか注視したい。

米ドルMMF 4/24/2024
4.8200% ゴールドマン・サックス
4.8400% ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド
4.6420% ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト
4.6720% ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

TポイントがVポイントに進化してメインポイントになるか

今日はこのリリースから
本日「青と黄色の V ポイント」が誕生!
~いつでもどこでも貯まる!使える!日本最大級の共通ポイントサービスがはじまります~
https://www.smbc-card.com/company/news/news0001906.pdf

▼まとめ
2024年4月22日16時現在、VpassやVポイントアプリはアップデートできるが、
ID連携できず、いきなり面倒くさいモードになった。私の場合、SBI証券の
クレカ積立でVポイントが貯まらない仕様に決まった時点で基礎ポイントが
貯まらないサービスでメイン昇格にならないでしょう。

一方でPayPayがロケットスタートを切る、きっかけになった100億円あげちゃう
キャンペーンの記憶もあり、いかに楽しく貯めやすく使いやすいサービスに進化
するか少し期待したい。

米ドルMMF 4/22/2024
4.8190% ゴールドマン・サックス
4.8400% ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド
4.6420% ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト
4.6720% ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

au PAY プリペイドカード、デザイン機能リニューアルで入手すべきか

今日はこのリリースから
au PAY プリペイドカードがデザインと機能を一新、タッチ決済や「バーチャルカード」に対応
https://www.au.com/information/topic/auwallet/2024-016/

▼リニューアル内容
・デザインはグラデーションとラメで表現、安全面にも配慮し片面ナンバーレス
で盗み見リスクを低減
・ICチップを搭載し、暗証番号による決済可能、タッチ決済も可能
・バーチャルカード提供開始
・発行手数料は600円、ただし申込翌月から6カ月間で合計5万円以上お支払い
で同額をauPAY残高に還元

▼まとめ
プリペイドの最大メリットである最大残高分しか利用できない仕様の評価
によって必要か判断が分かれるところ。また当カードは月5万円までクレカ
チャージによってポイント還元率をプラス0.5%UPできるメリットがあるので
私は600円回収しなくても申込する予定。(2024年4月23日(火)AM8時以降スタート)

米ドルMMF 4/18/2024
4.8200% ゴールドマン・サックス
4.8360% ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド
4.6410% ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト
4.6720% ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

auアセットマネジメント、auAM Nifty50インド株が最安コストに

今日はこのリリースから
「auAM Nifty50インド株ファンド」、業界最安水準の信託報酬率へ引き下げ]
信託報酬コスト変更日:2024年4月26日
https://www.kddi-am.com/news/n20240416/

▼インド株式インデックスの信託報酬コストと純資産総額の比較
*以下すべて税込
*2024年4月16日現在
auAM Nifty50インド株ファンド
0.297% 16億円
SMTAM インド株式インデックス
0.308% 42億円
楽天・インド株Nifty50インデックス
0.308% 57億円
eMAXIS インド株式インデックス
0.44% 131億円
SBI・i シェアーズ・インド株式インデックス
0.4638% 497億円
iFreeNEXT インド株インデックス
0.473% 1,146億円

▼まとめ
インド株インデックスファンドの純資産総額で最下位のauAMが
挽回すべき手を打ってきた。auAMは大和証券Gが33.4%出資
しており、運用に関して心配ないでしょう。

先行iFree、最強販社SBI、ブランドeMAXISと3社の役者がそろう中、
選択肢を確保する意味でも、その他のファンドをこっそり応援したい。

米ドルMMF 4/17/2024
4.8200% ゴールドマン・サックス
4.8350% ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド
4.6410% ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト
4.6720% ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

大谷さんの元カレ、日本人に何を伝えたかったか

今日はこの記事から
大谷翔平選手の元通訳の賭博問題から学ぶこと
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODH051BF0V00C24A4000000/

▼まとめ
上記記事は当記事を書くきっかけにすぎず、スポーツベッティングに対して
全面的に賛成ではありません。一方で自分自身が、そして家族やパートナー
など身近な方が、ギャンブル依存症になるタイミングは少なからず事実として
受け止めるシーンがあるかもしれない。

身近のギャンブルではスマホゲームの有料ガチャに一時期熱くなった経験は
あるが、わかったことは費用対効果が割に合わなかったこと。感覚は個人差
があるが、運営側と利用者で大きな情報格差があり、イベントなどで常に脳内
刺激を受けさせるようなサービスは疲れるしコスパが悪いとも思った。

まとめるとギャンブルも金融サービスも常にルールと過去のコスパを
冷静冷徹に分析し、少なくとも大負けしない思考行動を心がけたい。

米ドルMMF 4/15/2024
4.8080% ゴールドマン・サックス
4.8310% ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド
4.6390% ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト
4.6720% ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド
 
スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始
2009年からインデックス投資
スタート
NISAはeMAXIS Slim 先進国
株式を積立中

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる