fc2ブログ

2022-11

楽天証券、楽天カード+楽天キャッシュのクレカ積立から卒業する理由

2022年まで2年間、楽天証券で楽天カードを利用したインデックス投信
のクレカ積立、そして楽天キャッシュを併用してきたが卒業する理由は

▼特に楽天キャッシュが使いにくい理由
・楽天キャッシュ利用分はSPUランクアップ対象外のポイントになる
*楽天カード付与分は対象
・ポイント付与日が月末になる
*楽天カードは毎月13日前後
・自動チャージ設定すると支払ターンが計算しにくい

▼まとめ
インデックス投信のクレカ積立はポイント還元率が注目されがちだが
私の場合、SPUとお金の管理を重視していると自身で理解できたので、
卒業することにした。

楽天キャッシュを利用したポイント還元率を高める方法が今も利用
可能ですが、私の場合、特につみたてNISAでシンプルで使いやすい、
そして続けやすいことが大切と学習した。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

三井住友カード、Vpassアプリの不正利用サポートが有能でない理由

最近、利用通知メールで見覚えのない請求が来たので念の為、
ゴールドデスクに電話したところ、何回電話しても人につながらず、
SMSなら受付するよと案内があった。

参考記事
「ゴールド」に切替える人が増加中。「お得」と言われる理由をチェック
https://www.smbc-card.com/mem/hitotoki/card_use/gold_card.jsp
引用
「ゴールドデスク」とはゴールド会員専用のインフォメーションデスクで、
カードやサービスに関することを通話料無料で気軽に聞くことができます。

面倒だがしぶしぶ指示に従って、まずは利用店舗を確認したいと
選択したところ、半日後にメールで返金ありときてその後、SMS
で速報では加盟店名は教えられないだった。

本題だが、今後の不正利用が心配なのでVpassで利用制限したが、
後で気づいて、この設定をするとSBI証券で投信のクレカ積立が
できないことがわかった。

▼まとめ
不正利用未遂で不安がつのる中、三井住友カードのサポート対応が
微妙とよくわかった。さらに問い合わせすると折返し電話予約なら
受付だったので、予約すると折り返し電話が0570ナビダイヤルで
かかってきて、電話に出ると自動音声で「ただいま電話がこみあって
いるため・・・・」。そっと電話を切った。

グチだけではつまらないので、対応策を考えると利用制限した上で
ホワイトリスト登録ができれば、使いやすくはなるかもしれない。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

楽天カードマン債、5年間で年率1.2~1.8%で500億円おかわりは魅力的か

今日はこのリリースから
楽天カード、個人向け社債発行を予定
https://www.rakuten-card.co.jp/corporate/press_release/20221121/
https://www.rakuten-card.co.jp/corporate/ir/bond_rating/
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/bond/jbond/rakuten/new_issue04.html

▼内容
正式名称:楽天カード株式会社 第9回無担保社債(社債間限定同順位特約付)
愛称:楽天カードマン債
期間:5年
格付け:A-(R&I)、A(JCR)
当社販売期間:2022年12月5日(月)0:00~2022年12月15日(木)14:30
利率(年率) :年1.20%~1.80%/2022年12月2日(金)条件決定予定
利払日:毎年6月16日および12月16日(年2回)【初回利払日:2023年6月16日】
発行日(受渡日):2022年12月16日(金)
償還日:2027年12月16日(木)
発行価格:額面100円につき100円
買付単位:10万円以上、10万円単位

▼まとめ
結論ありきの記事だろとお叱りを受けそうですが、当ブログでは推奨しません。
楽天グループは赤字決算が続く中、リスクとリターンが釣り合っていないと
言わざるをえない。

どうしても楽天グループを応援したいのであれば、株式の方が100株、7万円弱
でリターンが期待できるかもしれないが、自己責任でご判断ください。
 
スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

オリコ、SBI証券でクレカ積立のサービス開始日

今日はこの決算説明資料から
オリコ
2023年3月期第2四半期
決算説明会資料 2022年11月10日
https://ssl4.eir-parts.net/doc/8585/ir_material_for_fiscal_ym/125901/00.pdf

▼SBI証券でオリコカード利用による投資信託のクレカ積立開始日は
導入予定:2023年度1Q
*上記19ページ

▼まとめ
2022年5月12日にプレスリリースから約1年後にサービスイン予定
と2023年のつみたてNISA口座では6ヶ月前後、利用可能になる。
三井住友カードの永年無料ゴールドカードはクレカ積立のポイント
還元率が1%になる会員が増えていく中、どのような差別化を提供
できるか少しだけ期待したい。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

auカブコム証券、auじぶん銀行から自動入出金+アルファ

今日はこのリリースから
11月19日より投資信託の購入時に自動で入金されるサービスを
「auマネーコネクト」へ追加!お客さま操作の手間なくスムーズな
資金移動を実現!
https://kabu.com/company/pressrelease/20221118_1.html

▼内容
2022年11月19日より、投資信託の購入時(積立取引は除く)にauじぶん銀行
の円普通預金口座からauカブコム証券口座に自動で不足金額が入金される
「自動入金サービス」を新たに追加

自動入金サービスは2023年3月頃に国内現物株式買付と投信つみたて
でも利用可能となる予定

▼まとめ
自動入出金は便利なサービスかつ余剰資金は普通預金金利が0.1%が
適用されるメリットがある一方、単元未満株の買付手数料が無料になれば
SBI証券やマネックス証券と同等サービスになり、より使いやすくなる(希望)。
2022年11月現在、住信SBIネット銀行の普通預金金利は0.01%なので。
 
スポンサーリンク





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる