FC2ブログ

2020-03

レオスのひふみ、SBI買収の狙いとSBIレオスのその後

2018年に上場予定だったレオス・キャピタルワークスは主幹事である
みずほ証券から上場延期要請により、上場延期になったがその後
SBIホールディングスがレオスを買収することになった。

レオス・キャピタルワークス株式会社の株式取得に関する基本合意のお知らせ
https://www.sbigroup.co.jp/news/2020/0331_11919.html

▼SBIの狙い
グルーブで純資産総額が大きいアクティブ投信がないため、不足ピース
を買収で手に入れ、人気の高いひふみファンドを出資先や提携先の地方
銀行経由で販売し、次は手数料の高い商品に誘導する狙いが考えられる

▼レオスのその後
レオスは親会社の売却に従いSBIに買収されるが、アクティブ投信として
ファンド運用における独自性や運用方針を維持できるかは注目ポイント。
もしあれこれ新親会社から注文が増えるとファンドマネージャーや有力
スタッフは退社する流れ、その後の資金流出する可能性を想定できる

▼まとめ
買収金額が公開していないが、SBIはレオスの上場を目指し上場後は買収金額
以上のリターンを求めると思われる。インデックス投資家としてレオスに詳しくない
が、アクティブ投信の運用会社は運用方針を堅持続けるため独立資本かセゾン
投信のようにすべて一任されないと結果として資金と顧客流出になるリスク要因
になることを今回のケースでわかった。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

Tカード Prime、どこでも還元率1%Tポイントが貯まる新規発行開始で注目点は

今日はこのリリースから
3月30日より、「Tカード Prime」募集・発行開始!
https://www.ccc.co.jp/news/2019/20190330_005643.html

▼Tカード Primeの特徴
・100円で1Tポイントが貯まる還元率は1%
*ポイント計算は月間利用金額合計なので無駄が少ない
・日曜日は200円につき3Tポイントと還元率は1.5%
・年会費は初年度無料、次年度以降は年1回以上の利用で無料
・TSUTAYA レンタル登録・更新料無料
・カード発行会社はジャックス
・国際ブランドはMastercard
・Apple Pay、GooglePayが利用可能

▼Tポイント付与対象外の取引
(1)カードキャッシングの利用代金および手数料。
(2)分割払い・リボルビング払いの手数料。
(3)年会費等の費用。
(4)本カード再発行等に関する手数料。
(5)本カード以外でのカードショッピングまたは現金によるお支払の場合。
(6)Edy、nanaco等の電子マネーの各チャージ利用代金。
(7)会員が当社所定の約定支払額確定日前に支払ったカードショッピング利用代金。
(8)本カードの利用代金が、第3条第1項に記載の金額に満たない場合。
ご利用金額を上回る場合でも、端数金額は本ポイント付与の対象外となります。
(9)(1)~(8)のほか、当社は特定のカードショッピング利用代金または、特定
の加盟店でのカードショッピング利用代金を、本ポイント付与の対象外として定
めることができるものとします。

▼Tカード プラス PREMIUM(アプラス)とTカード Prime(ジャックス)の主な違い
・還元率1.5%の条件
アプラス:特定加盟店で利用(TSUTAYA、蔦屋書店、洋服の青山、ザ・スーツカンパニー、
ニッポンレンタカー、エディオン、100満ボルト)
ジャックス:日曜日限定
・明細書の発行手数料
アプラス:99円、ジャックス88円

▼まとめ
実質年会費無料で汎用性の高いクレカと言える。ソフトバンク系サービス
利用が多い方はYahooカードの方がメリットがある一方、どこでも1%や1.5%
Tポイントが貯まる便利さがある。

最後にジャックスの申込画面で各規約がフレーム内かつ小さい文字なので
何か不利なことが書かれていないか余計不安になる仕様なので重要事項は
オープンにしてもらいたい。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

松井証券、投信保有で毎月現金還元サービスが4/1スタートただし条件あり

今日はこのリリースから
日本初!信託報酬を還元する「投信毎月現金還元サービス」開始のお知らせ
https://www.matsui.co.jp/news/2020/detail_0327_01.html

▼内容
投資信託を保有して信託報酬コストのうち販売会社分の0.3%以上
を毎月現金で還元するサービスを2020年4月1日からスタート予定

▼インデックス投信のケース
投資信託の信託報酬コストは3社が利益分配しているが例えば
ファンド名:eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの場合
*以下全て税別
販売会社:0.0365%
運用会社:0.0365%
受託会社:0.02%
合計信託報酬コストは0.093%になる。このファンドの場合、販売会社の
取り分は0.0365%なので現金還元の対象外になる。つまり人気の高い
eMAXIS Slimシリーズなど低コストインデックス投信は対象外になる

▼アクティブ投信のケース
ファンド名:ひふみプラス
販売会社:0.455%
運用会社:0.455%
受託会社:0.07%
合計信託報酬コストは0.98%になる。松井証券の場合、0.3%を超えた
0.155%が毎月現金で還元される。

比較例
100万円の場合
松井証券:年間1,550円(還元率0.155%)
SBI証券:年間1,000Tポイント付与(還元率0.1%)

1,000万円の場合
松井証券:年間15,500円(還元率0.155%)
SBI証券:年間20,000Tポイント付与(還元率0.2%)
*SBI証券は月間平均保有金額が合計1,000万円以上は還元率が年率0.1%→0.2%にUP
(一部除く)

▼まとめ
低コストのインデックス投信はほぼ対象外である一方、将来の1,000万円
純資産超えを見据えて販売会社の取り分が0.5%以上あるファンドを保有
する場合、松井証券の方がメリットがあることがわかった。

またSBI証券と比較して同じ金額分であってもTポイントより現金のほうが
うれしい個人投資家の心をつかむと感じた。新サービスは信託報酬コスト
が高い投信保有者が他社から移管をメインターゲットかつ移管手数料を
全額負担と、考え抜かれた策を持つ軍師が松井証券にいるでしょう。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

Visa LINE Payクレジットカード、2020年4月下旬から新規申込スタートでKyashは使えるか

今日はこのリリースから
【LINE Pay】「Visa LINE Payクレジットカード」のお申込みについてのお知らせ
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3143

▼主な内容
・カード発行会社は三井住友カード
・ポイント還元率は初年度3%(2021年4月末まで)、翌年以降は基本1%+キャンペーン予定
*付与上限なし
・年会費は初年度無料、翌年以降は年間1回以上のカードショッピング利用で無料
・タッチ決済対応/ICチップ搭載
・LINE Payに連携可能、2020年5月から予定
・LINEアカウントから決済通知可能、2020年夏予定
・カードデザインは2020年東京オリンピック限定2色(数量限定)とスタンダート4色
*スタンダートは2020年6月から申込開始予定
・事前申込済みでない一般の方は2020年4月20日以降に詳細が判明
・ポイント付与対象外の取引やiD搭載は不明
・LINE Payに当クレジットカードを登録完了しないとポイントは付与されない
公式サイト
https://linepay.line.me/campaign/limited-card/

▼オリコでなく三井住友カードが新規発行する理由
もちろん本当の理由はわからないが、最新仕様を搭載しつつ一方で収益を
確保するため低コスト運営が必要な中、利益分配などビジネス上のメリット
がLINEと三井住友カード両社で一致したと考えられる

そして判断が遅れるとLINEがJCBやMastercardに提携カードを乗り換えるリクス
を想定してビザ・ワールドワイド・ジャパンの一定の役割があったかもしれない

LINEとYahooは経営統合するがメインバンクはみずほ銀行(オリコはみずほ系)
に対して、三井住友カードが大型案件を受注した理由は興味深い
*Amazonジャパンの公式クレカは三井住友カードが発行

▼Kyash Visaカードは有効活用できるか
初年度3%+1%=合計4%のポイント2重どりが可能だが、LINEがKyash
へのチャージをポイント付与対象外、もしくはLINE側で登録設定不可になる
とKyashカードは利用頻度が激減する可能性がある
*公式サイトではVisa加盟店でのカードショッピングに対してポイント還元と記載あり

Kyashカードは競合環境がどんどん変化する中、新規発行が遅れるほど
お財布の中から消えていくかもしれない

▼まとめ
YahooとLINEの経営統合が2020年10月完了する中、今回の大型クレカ新規発行に
より今後ソフトバンク系とLINE系のサービスがどのように変化するのかわからないが、
もし私がLINEの役員であれば、統合後の一定の主導権を確保するため次はLINE銀行
を含めて統合前に新サービスを是が非でも投入するでしょう。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる