FC2ブログ

2019-03

指紋認証、パスコード機能はクレジットカードとスマホどちらが便利か

少し古いですが今日はこの記事から

指紋認証、パスコード入力、ディスプレイ付き、進化するクレジットカード
https://dime.jp/genre/648523/

上記記事ではApple PayやAndroid Payなどスマホ決済
でできる指紋認証、パスコード入力などの機能をリアル
カードで実現する最新技術。

日本では新技術の実用化は、GMOあおぞら銀行が
2019年春に正しいパスコード入力によって初めて
カード番号表示などデビットカードの発行予定。

私は決済で一番利便性の高いサービスはスマホ決済
よりリアルカードと考えており、充電レスや紛失による
セキュリティが高ければクレジットカード兼キャッシュカード
のデビットカードも安心して利用可能になる。

次を考えるとコンタクトレス決済は標準かつ決済する
だけで指定ポイントカードのポイントが同時に加算する
サービスがスマート便利と考える。

過去記事に書いたが、JALカードはVISA/Mastercard
両ブランドともにタッチ決済やコンタクトレス決済対応
は2019年3月現在未定。

対してANAカードを発行する三井住友カードはこの
パスコード対応開発会社の技術を2018年に投入予定
と2018年1月にプレスリリースしており、2018年は投入
されなかったが、2019年はJALカード(三菱UFJニコス)
より三井住友カードの方が新技術投入が期待できる。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

JAL Global WALLET(JGW)、タイバーツ出金キャンペーンは参加すべきか

今日はこのキャンペーンから

ナイトマーケットが楽しいタイでの両替も簡単・スマートに
タイでのキャッシュバックキャンペーン
https://www.jal-globalwallet.com/lp/campaign/tai/

詳細は上記ページを確認いただくとしてまずこのキャンペーン
はショッピング+ATMコース利用者限定。私はショッピング専用
コースなので対象外。

当キャンペーンはタイでの海外ATM出金による利用初体験と
両替促進を目的と思われるが、どの通貨でもJGW残高に金利
はつかず、1度外貨両替すると円に戻すには合計2度手数料が
かかるためご利用は計画的にどうぞ。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

JAL Global WALLET、5キャンペーンを厳選して参加するキャンペーンは

JAL Global WALLET(JGW)は現在5つのキャンペーン
を実施中ですが、全て参加するメリットがあるか人
それぞれですが厳選が必要。

私はまずはこのカード利用体験のついでにキャン
ペーン参加を考えた。

▼住信SBIネット銀行に口座がない方
抽選15名に40,000JALマイルが当たるキャンペーンは
5,000円を他銀行から振込で参加可能。そして現在
チャージ手数料無料期間中なのでこれだけで十分
でしょう。

ポイントはキャンペーン期間が2019年3月31日まで
なので参加される方は、初期設定で少し時間が
かかるので早めの行動をおすすめする。

キャンペーンページ
https://www.jal-globalwallet.com/lp/campaign/main/

▼住信SBIネット銀行の口座がある方
抽選15名に40,000JALマイルが当たるキャンペーンと
抽選20名に5万円JAL旅行券が当たるキャンペーンの
参加が効率的。この場合、住信SBIネット銀行口座から
1回で1万円チャージで2つのキャンペーンに参加可能。

キャンペーンページ
https://www.jal-globalwallet.com/lp/campaign/main/
https://contents.netbk.co.jp/cp/jgw/

▼まとめ
私は後者の2キャンペーンに参加した。抽選に当たる
と期待はしていないが、Mastercardコンタクトレス決済
やkiigoなどいろいろ試したい。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

住信SBIネット銀行、Mastercardコンタクトレス対応デビットカードを2019年4月に新規発行で注目ポイントは

今日はこのプレスリリースから

≪日本初≫Mastercardブランドの「ミライノ デビット」
取扱い開始のお知らせ
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20190315

日経のニュース通り、2019年4月からMastercardコンタクトレス
対応のデビットカードが新規発行される。

注文ポイント
・0.8%ポイント還元率
・Mastercardコンタクトレス対応
・PLATINUMカードの新規発行(年会費10,000円税別、ポイント還元率1.0%)
・mastercard表記がない最新mastercardロゴ
・シルバー色のICチップ搭載
・外貨普通預金口座(米ドル)保有の場合、米ドルによるお
買物または海外ATMご利用時に米ドルから直接お支払い

まとめ
デビットカードとしては魅力的なサービスですが
その他の機能も確認したいので2019年4月1日
に改めて詳細を確認したい。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

JALカードとANAカードのVISAタッチ決済対応を電話確認した結果

JAL Global WALLET(JGW)はMasterコンタクトレス対応
でカードを入手してクレジットカードの非接触決済に興味
がある今日。

Apple Payは知っていますが、iPhone7を持っていな
かったりスマホの最新機種は10万前後と高価なの
で決済ごとに出し入れによる落下や紛失が気になる。

そしてスマホは個人情報の塊なので、紛失等のリスク
でスマホ決済はあまり利用したくない。

そこで利用中のJALカードやJMBローソンPontaカード
がVISAのタッチ決済に対応予定を電話で確認した。

長い長い個人情報確認の結果、残念ながら両カード
とも今後の対応は未定との回答だった。

とくに三菱UFJニコスはなかなか質問を理解して
もらえず、終了済みのVisa Touchのことですかと
何度も聞かれ困惑した。過去にTouchを普及させ
られなかった歴史の影響か。

日本国内では2019年3月現在ローソン、マクドナルド
ツタヤなど一部の店だけ利用可能なのでカード発行
会社が積極的でないことも理解できる。

そしてANAカード(三井住友カード)に電話で確認した
結果、VISAブランドでタッチ決済は一般カードから
ゴールドカードまで新規入会で標準サービスだった。
Masterコンタクトレスは残念ながら未定とのこと。

JALはJALプリペイド(JGW)のみ非接触決済に対応
しANAカードはプリペイドを除くVISAブランドすべて
タッチ決済対応と対称的な結果だった。

またJGWはクレカチャージで税別0.3%~1%手数料が
かかり、クレカチャージのポイントも付与されない
使いづらいカード。

今回の検証結果、マイルを貯める方でタッチ決済
を利用したい場合、ANA VISAカードの新規入会が
2019年3月現在の最適解です。

JALカードはANAカードと比べて非接触決済対応
カードが一枚もない現状はカードホルダーとして
とても残念。

ローソン銀行がローソンPontaプラスという競合カード
が新規発行されJMBローソンPonta(クレディセゾン)は
ローソン公式クレカカードからはずれる可能性がある。
またdカードの存在も無視できない。

ローソンPontaプラス(運営管理)とJAL VISAカード
は三菱UFJニコスが発行しておりタッチ決済対応
に積極的でないようだ。

この好機に速やかにセゾンがタッチ決済に対応すれば
ローソンのレジはタッチ決済対応なので、スマートに
簡単に支払いが可能になり決済金額も増え公式カード
の地位をキープできるかも。

まとめ
現状と希望を長く書いてしまったが、最新決済対応
ローソンのレジはICカード決済の場合、カードを差し
込んで決済完了まで約10秒弱かかる反面、タッチ
決済はSuicaのようにすぐ完了する。

JALマイルを貯める環境でも簡単スマート決済で
便利になりたい。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2009年から
インデックス投資をスタート
つみたてNISAはeMAXIS Slim 先進国株式を積立中

2005年からブログ開始
Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる