fc2ブログ

2023-02

マネックスカード、クレカ積立対象外ファンド新規設定の背景

今日はこのお知らせから
【マネックスクレカ積立】一部ファンドの新規申込停止のお知らせ
https://info.monex.co.jp/news/2023/20230201_02.html

▼内容
一部ファンドの「投信つみたて」について、「マネックスカード投信積立サービス」
の新規お申込受付を停止いたします。
クレカつみたて 新規申込受付停止日:2023年3月1日 18時頃(予定)

「クレカつみたて」新規お申込み受付終了 対象ファンド(予定)
2023年2月1日時点
運用会社名 銘柄名
アセットマネジメントOne DIAM毎月分配債券ファンド
DLIBJ公社債オープン(短期コース)
DLIBJ公社債オープン(中期コース)
MHAM物価連動国債ファンド
たわらノーロード 国内債券
みずほ日本債券アドバンス(豪ドル債券型)
ニッセイアセットマネジメント <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
ニッセイ国内債券アルファ
ニッセイ日本インカムオープン
パインブリッジ・インベストメンツ パインブリッジ日本住宅金融支援機構債ファンド
ブラックロック・ジャパン iシェアーズ 国内債券インデックス・ファンド
りそなアセットマネジメント Smart-i 国内債券インデックス
三井住友DSアセットマネジメント エス・ビー・日本債券ファンド
三井住友・日本債券インデックス・ファンド
SMT 国内債券インデックス・オープン
三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim 国内債券インデックス
eMAXIS 国内債券インデックス
eMAXIS 国内物価連動国債インデックス
ジャパン・ソブリン・オープン
大和アセットマネジメント iFree 日本債券インデックス
ダイワ日本国債ファンド(毎月分配型)
日本物価連動国債ファンド
東京海上アセットマネジメント 東京海上・円建て投資適格債券ファンド(毎月決算型)
東京海上・円建て投資適格債券ファンド(年2回決算型)
東京海上セレクション・物価連動国債
明治安田アセットマネジメント ノーロード明治安田社債アクティブ
明治安田日本債券オープン(毎月決算型)
明治安田日本債券ファンド
野村アセットマネジメント 野村インデックスファンド・国内債券

▼まとめ
マネックス証券でマネックスカードのクレカ積立で1.1%ポイント還元になるが
値動きが少ない上記国内債券ファンドを購入→即売却を繰り返す粋な方が
少なくない結果でしょう。

対象外ファンドの追加、他社クレカ積立も同様対応が想定され自業自得
とも言える一方、私のように即売却しない方はデメリットしかない。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

オリコ、iD/QUICPay対応をタッチ決済に統一で今検討したいこと

今日はこのお知らせから
クレジットカード搭載電子マネー変更のお知らせ
https://www.orico.co.jp/information/service/20230116_1.html

▼内容
2023年3月1日(水)よりiDおよびQUICPay搭載カードをお持ちのお客さまは
カードの更新(2023年4月末有効期限到来分より)の際に、タッチ決済搭載
カードをお届けいたします。なお、カードの再発行については2023年3月9日
以降に発送手続きが完了したカードよりタッチ決済搭載となります。

▼まとめ
オリコは今まで電子マネーとタッチ決済の両対応カードを発行しているが、
コスト対応かVISAから指導かなどは不明だが、タッチ決済のみ対応になる。
私のようにタッチ決済も電子マネーもカード単体で両方使いたい方は2023年
2月の早いうちに新規申込が良いでしょう。

特にMy Cloud プレミアム カードはiD/タッチ決済両対応で1%キャッシュバック
仕様でシンプルにポイントを貯めやすいので早めに決断したい。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

auPAYカード、抽選2023名に1万Pontaが当たるキャンペーンに参加すべきか

今日はこのキャンペーンから
2023年運だめし
au PAY カードお買い物キャンペーン開催
https://www.kddi-fs.com/contents/co-news/0058/index_files/resources/pdf_230119_news.pdf

▼内容
2023年1月20日から2023年3月31日まで、エントリーのうえ対象期間に
au PAY カード・au PAY ゴールドカードを総額1万円以上(税込)ご利用
抽選で2,023 名さまに1万Pontaポイントを還元

また利用回数に応じて、最大 4 倍まで当選確率がアップ
当選確率
期間中に 10 回以上 2 倍
期間中に 20 回以上 3 倍
期間中に 30 回以上 4 倍

▼まとめ
2ヶ月と10日で1万円利用はクリアしやすいが30回以上利用は修行
つまり苦行に近いので回数ノルマはスルーが妥当でしょう。それでも
30回クリアされたい方はAmazonギフトカード100円x30回が選択肢に
なるが、費用対効果があると判断された方は全力案件かもしれない。

dカード、楽天カード、PayPayカードはカード単体でタッチ決済対応で
ある一方、auPAYカードは未対応で回数ノルマは謎。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

Apple ID、複数クレジットカード登録した場合の優先順位

2023年1月15日までJCBカードでApple IDアカウントにクレカチャージ
で最大1,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施していた。複数
枚参加できたが2023年5月までに登録解除すると対象外になる場合
があると記載がある
ソース
https://campaign.jcb.jp/list/c22_040apple_2212/index.html

▼Apple IDのクレカチャージで決済優先順位
私自身はApple IDにクレカ登録していなく、しかも複数枚は未知の世界
だった。結論はお支払い方法を管理→編集で一番上に設定したカード
が最初に決済されることがわかった。各カードごとに利用可能枠から
確認済み。

▼まとめ
どのカードで決済するか決済時に番号表示しない謎仕様いや不親切な
UIはAppleらしくないとも感じた。今回は終了2時間前に6枚決済したので
集計が間に合わず、対象外になる可能性は理解した上で全滅かもしれ
ない結果を忘れなければ、2023年5月以降に記事にする予定。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

クレジットカードの決済手数料はなぜ高いか

今日はこの記事から
バカ高い 「決済手数料」公開でクレカ業界は奈落の底
https://facta.co.jp/article/202212006.html

▼内容
加盟店にインターチェンジフィー(加盟店管理カード会社→カード発行会社に支払う手数料)
を負担させることでポイントプログラムを成り立たせているのがこの業界の実態

参考資料
クレジットカードのインターチェンジフィーの標準料率が公開
https://www.meti.go.jp/press/2022/11/20221130005/20221130005.html
VISA
https://www.visa.co.jp/about-visa/interchange-fees.html
Mastercard
https://www.mastercard.co.jp/content/dam/public/mastercardcom/jp/ja/documents/interchange_mastercard_creditcard.pdf

▼まとめ
クレカ利用者のポイント付与のため決済手数料が3.25%程度になる
日本の現状。ポイント還元がない場合、店頭価格が安くなる可能性
がある反面、ポイントサービス内容によって店や商品を選ぶ消費者
が一定数いると読み取れる。

個人的にはポイント制度が終了したとしても、どこでもクレカが使える
社会の方が便利かなと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる