FC2ブログ

2018-12

ミニストップ全店で成人雑誌の取扱中止までのプロセスが重要な理由

今日は投資でなくこの記事から

市況かぶ全力2階建
ミニストップ全店、千葉市からの協力要請に応じるかたちで成人誌取り扱いを中止へ

コンビニ大手3社でなくミニストップが久しぶりに注目を集めた
ニュース。成人雑誌=エロ本を全店で取扱中止することは時代
の流れだと思うが、この決定までのプロセスが、上記記事から
見るといただけない。忖度か圧力かわかりませんが、古き悪しき
習慣のニオイがする。

いずれにしてもコンビニ三国志の時代にミニストップがどのように
次の戦略を展開するか楽しみでもある。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビジネスの原点 - ジャンル:ビジネス

セコマ(セイコーマート)を応援したい、たった1つの理由

当ブログで過去にこんな記事を書いてきた

セコマ(セイコーマート)が関東で弁当外販をスタート

セコマ(セイコーマート)のオリジナル商品の魅力とは

セコマ(セイコーマート)が全国展開しない理由とは

先にご説明するとコンビニ三国志とは大手3社の
セブンイレブン
ファミリーマート(ファミマ)
ローソン

そしてこの記事を先週楽しみにしていたが、なぜか
先週は公開されず、今日やっと公開された。

日経ビジネスオンライン
コンビニ業界「北の異端児」吠える
セコマ社長「既存ビジネスモデルは限界。我々は直営主体」


ファミマの実質親会社の伊藤忠商事が社訓としている「三方良し」
をコンビニ業界にたとえるとサスナブル(持続可能)がキーワード。

スクラップアンドビルドを続けて、コンビニ本部だけが特に儲けている会社
でなく、社会の一員として持続可能なビジネスを続ける会社それが北の王者
のセコマ。その1点だけで応援したくなる。

もちろん儲けることが悪いことでない。ただ今のコンビニのフランチャイズ
ビジネスは持続可能ですか。全店舗の24時間営業は必要ですか。今は
便利で身近なコンビニがいきなり閉店すると不便になると、少なくない
消費者が気づき始めたと感じている。

最後にセコマ社長からの一言でこの記事をしめたい。

「本当の社会インフラであるなら、その社会インフラを支える人々が苦労して
泣いているようではいけません。本部と加盟店が共存共栄の関係が崩れて
いるとすれば、もはやコンビニは社会インフラと呼べないのではないでしょうか。」
 
スポンサーリンク





テーマ:ビジネスの原点 - ジャンル:ビジネス

最近、深夜にコンビニを利用していますか

今日は投資でなくこの話題から

ファミマ、24時間営業の見直し着手
深刻な加盟店の苦境、どうなる「コンビニの象徴」


私は学生時代、2つのコンビニでバイト経験があり、深夜シフト
も1年位していた。立地もあると思うが、夜0時を過ぎると客足
が減り、代わりにチルド商品の賞味期限切れチェックや深夜
納品される大量のお菓子の品だし、当時はお菓子などにラベラー
(専用道具)で1商品ずつ値札シールを貼っていた。

深夜は、店内仕事が意外と多くて仮眠が取れる店ではなかった。
売上は0-6時の6時間で数万円ぐらいとバイト代や必要経費を
考えると深夜時間帯は赤字経営だとバイトながら感じていた。

そんな経験があるので、コンビニの24時間営業の廃止は
賛成です。僕が小学生だったときはセブンイレブンは朝7時
に開店して夜11時に閉店するコンビニだった。まさに店名
通り昭和の時代ですか。

消費者として少しの便利さは失うが、それ以上に深夜働く人
たちや持続可能なビジネスか(近所で閉店すると困る)を
考えると、例えば6-24時の18時間営業でも消費者への影響
は少ないと思う。

コンビニ本部の問題として以前、下記記事を書いた。

コンビニの闇2 見切り販売と長時間労働そしてコンビニ本部が儲かるだけなのか

ファミマがコンビニ業界で店舗数2位に、そいて万年2位だった
ローソンが3位転落となったコンビニ業界。まさにコンビニ三国志
時代として競争激化の中で、どのコンビニが三方良しビジネスを
構築できるのか、それともコンビニ本部として店舗数、売上、利益
だけ追求するビジネスなのか、今後も注視したいと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビジネスの原点 - ジャンル:ビジネス

ユニーファミマがピアゴ関東を売却、なぜかIRに掲載されていませんが

今日はこの記事から

流通ニュース
フレスコ/ユニーのSM事業「ピアゴ関東」の全株式取得、関東進出


伊藤忠がファミマにはコンビニビジネスに集中してユニーのスーパー部門
の切り離しの続きであると思うが、なぜかユニーファミマHDのIRに記載が
なかった。告知しない理由があったのか、なかったのか基準が不明だった。

今回の売却でわかったことは、ピアゴ関東の店舗に資本業務提携した
ドンキとして魅力がなかったこと。ベンガベンガの店舗に行ったことは
ないが、食品スーパー店舗でなく大規模なスーパーへのドンキ出店に
興味があると思われる。

今後もドンキを含めてユニーファミマの動きは追跡したいと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビジネスの原点 - ジャンル:ビジネス

セブン、ローソン、ファミマ、コンビニ大手3社の2017年中間決算の営業利益を比べてみた結果

今日はこの記事から

コンビニ決算、セブンの一人勝ち鮮明 総菜強化が奏功

2017年中間決算の営業利益
セブン 1,307億円
ローソン 327億円
ファミマ 248億円

単純にローソンとファミマを足してもセブンの半分以下の
営業利益だった。セブンが消費者に支持が絶大なのか
それともローソン、ファミマの販売力が足りないのか。
数字だけでは判断できないが、ヤフーコメントではこんな
書き込みがあった。


2017年10月13日 18時現在
支持数 8649
セブンは確かにいいかもしれないが、
やってる事はえげつないブラック企業だ。

支持数 7509
コンビニて、やっぱり各店舗のオーナーさんが一番大変だと思います。
仕事でノイローゼになろうがなんだろうが店は24時間営業です。
こうして頑張って稼いだお金も、ロイヤリティで多くが持って行かれる。
まるで本部の奴隷見たいです。もっとも、それを承知で始めた仕事なんだろうけどね。



以前当ブログではこんな記事を書いた

コンビニの闇2 見切り販売と長時間労働そしてコンビニ本部が儲かるだけなのか

いち消費者として、これらの数字を見て複雑な気分になる。
学生時代、コンビニのオーナー兼店長夫婦が経営する店で
バイトした経験があるが、1年くらいで夫婦ともに白髪が大きく
増えたことを思い出した。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビジネスの原点 - ジャンル:ビジネス

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2009年から
インデックス投資をスタート
コンビニ三国志
ビール
2005年からブログ開始
Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる