FC2ブログ

2018-09

イオンの国産PBビールの新バーリアルとリッチテイストを飲み比べた

今日は投資の話ではありません

先月こんな記事を書いた
イオンのPBビール「バーリアル」が韓国産から国産に、そのメーカーは

6/5販売開始なので、近所のミニストップやピーコック
を何度か訪問したが、旧商品しか見つからなかった。

結局アコレで見つけたが、よく考えてみるとイオン系で
まいばすけっとは比較的PBトップバリュの新商品が購入
しやすいとあとでわかった。

本題ですが、韓国産から国産つまりキリンビール製造
のトップバリュのバーリアル 税別78円、リッチテイスト
も同一価格だった。

レビュー
・バーリアルはアルコール分5%、リッチテイストは6%と
1%の違いがあるが、私の舌では違いがわからなかった

・第3ビールで、どちらもスッキリごくごく飲めるテイスト
かといって薄いわけではない、ただし本麒麟や麦とホップ
の方がおいしいかと

・購入日から約1ヶ月前が製造日だったので韓国産より鮮度が高い

・缶のデザインはもう少しシンプル洗練さが欲しい

・サッポロビール製造の麦の恵みのイオンPBビールは
1本税別95円なので、バーリアルとの差別化が要必要

まとめ
韓国産のPBビールが多い中、国産かつ1本78円の
第3ビールのバーリアルは、味もそこそこでコスパが
いいので、ビールにこだわりがなければ良い選択肢
の1つだと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

イオンのPBビール「バーリアル」が韓国産から国産に、そのメーカーは

今日は投資の話ではありません。

当ブログはインデックス投信がメインテーマですが
サブとしてコンビニ、ビールも取り上げる。

今日のプレスリリースはこちら

イオン
国内製造に変更!より味わい豊かに、価格はそのまま!
「トップバリュバーリアル」シリーズ3商品をリニューアル
6/5(火)より全国の「イオン」など、約3,000店舗にて順次販売
http://www.aeon.info/news/2018_1/pdf/180525R_1.pdf

イオングループのプライベートブランドの第3ビール
バーリアルが韓国産から国産になって350ml 税別78円
500ml税別110円で販売する。自動販売機のジュースより
安い。

流通ニュース
イオン/新ジャンル「トップバリュ バーリアル」刷新、キリンビール製造に変更

上記事によるとメーカーはキリンビールとのこと。2017年
には「麦の恵」というサッポロビール製造の第3ビールが
順調に売れていると聞いていた。

さらに記憶をたどると、サントリーが以前イオンのPB
ビールを製造したが、サントリーにとって売価が安すぎ
たので、早いタイミングで生産終了になったはず。

キリンの戦略として

1,「のどこし」とは競合になりにくい

2,利益より、年々減り続けるビール販売の問題に対して
生産工場の稼働率アップを期待

3,今回の提携によって結果として、一番売りたい自社
ブランドのビールをイオングループで拡販したい

またキリンは2018年になってファミマやローソンのPB
ビールも製造している。そして資本業務提携先のヤッホ
ーブルーイングの一部も受託生産している。

35缶が78円税別で販売することを承知した上で製造
を引き受ける判断は、大きな経営判断の1つだと思う。
今後、どれくらい売れるかなるか楽しみ。まずは6月5日
に試飲してみたい。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

缶コーヒーのトレンドを勉強しながらショート缶の魅力

今日も投資でない話題です

GW中は休みの方も働く方もいらっしゃる中で
お金の話よりライトな話題で行きます

今日はこの記事から

東洋経済オンライン
缶コーヒーと「ガテン系」の切れない甘い関係
缶コーヒーをめぐる熾烈なシェア争いの実態


要約
・日本国内の飲料売上に占める自動販売機の
売上は年間約1.5兆円と全体の30%程度

・ショート缶はガテン系の方達の仕事中休み
によく飲まれる傾向がある。

・ショート缶の売上は安定しないのでペットボトル
でオフィス内の需要も開拓中

私はコーヒーを飲まないので、味やトレンドが
勉強になった。私の場合、ショート缶は砂糖なし
の炭酸水や、発泡酒や第3ビールでないビール
を利用している。

炭酸水は熱い日に外出から帰宅して、すっきり
したいとき重宝するし、冬場の寒い時期の晩酌
ビールはショート缶でのどを潤す量がベストと
最近わかってきた。

冬場のビールは350mlでも体が冷えると体感
してきたので、例えばキリン一番搾り生ビール
135ml 缶は100円前後で販売しており、量に
こだわらなければ、おいしくコスパもいいです。

ネックはコンビニや近くのドンキなどでは販売
していないこと。炭酸水もビールもショート缶は
通販で計画的に在庫化しようかと検討中。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

大塚でよなよなエールが飲める新店を発見

よなよなエールをGoogleニュースで検索したら
偶然昨日オープンした新店を発見

池袋経済新聞
大塚に「原価ビストロBAN!」 入場料500円で酒を原価で提供

入場料500円の他よなよなエールは300円台と見て
缶ビールよりはお高いのねと思ったが、このライン
アップでピンときた。

よなよなエール・オンザクラウド・ブルックリンラガー・アフターダーク

ありました
原価ビストロ BAN! 大塚
これは樽ビール小型版のようなもの。

お酒がほぼ原価で肉専門店とのこと、4種類のクラフトビールが飲めるし
肉も好きなので、一度立ち寄ってみようと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

キリン 新・一番搾りの王道マーケティングとは

今日はこの記事から

日経
キリンビール 「嵐」が去って…朝日見えるか
*上記記事は有料記事だが、無料会員登録すれば月10本まで無料で読める

イメージキャラクター人気に頼らず、商品の魅力で直球勝負する
マーケティングがスーパードライからマーケットシェア1位を奪還
できるのか、難しい道を選んだと思う。

以前の当ブログで今年のリニューアルした新一番搾りは以前と比べて
苦みよりすっきりゴクゴク飲めて、香り高いビールになったと感じた。
昭和生まれの筆者としては、流行の香りは良いとしてドライでない
苦みが好きだったので、少し残念な気もする。

ただグランドキリンや個性的な味を楽しめるクラフトビールが手軽に
買える環境がなってきたので、マスを狙う一番搾りが今後どのように
売上拡大するのか、見守りたいと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2009年から
インデックス投資をスタート
コンビニ三国志
ビール
2005年からブログ開始
Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる