FC2ブログ

2020-02

格安おにぎり、通常価格が49円と55円を食べ比べた結果

過去に下記記事を書いたが、今回は予告通り格安おにぎりで
通常価格が49円と55円の比較記事を書く

ミニストップ、100円おにぎりと他2店舗を食べ比べた結果
ファミマとミニストップ(100円)のおにぎり、紅しゃけとツナマヨネーズを食べ比べた結果

*以下すべて税別
*具材はシャケとツナマヨネーズ

▼ビッグ・エー(イオン系)
・価格:49円
名称:さけ
特徴:風味良く、ふんわり仕立て
原材料:
国産塩飯、鮭フレーク、海苔/pH調整剤、トレハロース、調味料(アミノ酸等)
酒精、セルロース、増粘剤(加工でん粉)、着色料(紅麹、カロチン)
グリシン、(一部に小麦、さけ、大豆含む)
販売温度帯:冷蔵

栄養
熱量:152kcal
タンパク質:2.6g
脂質:1.1g
炭水化物:31.3g
食塩相当量:0.6g
製造者:アグリフーズ

・価格:49円
名称:ツナ
特徴:風味良く、ふんわり仕立て
原材料:
国産塩飯、ツナマヨ、海苔/pH調整剤、調味料(アミノ酸等)、
トレハース、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、香辛料
(一部に小麦、卵、乳成分、大豆を含む)
販売温度帯:冷蔵

栄養
熱量:154kcal
タンパク質:2.4g
脂質:1.8g
炭水化物:34.9g
食塩相当量:0.8g
製造者:アグリフーズ

▼業務スーパー(神戸物産系)
・価格:55円
名称:さけ
特徴:なし
原材料:
国産塩飯、鮭フレーク(白鮭、鮭だし、還元水あめ、他)、海苔
調味料(アミノ酸)、pH調整剤、増粘多糖類、着色料(紅麹、クチナシ)
酸化防止剤(V.C)、(原材料の一部にさけ、大豆を含む)
販売温度帯:常温

栄養
熱量:155kcal
タンパク質:3.7g
脂質:1.1g
炭水化物:31.5g
ナトリウム:396mg
販売者:神戸物産KB25

・価格:55円
名称:ツナマヨ
特徴:なし
原材料:
国産塩飯、ツナマヨネーズ、海苔、トレハース、調味料(アミノ酸等)
増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、pH調整剤、グリシン、ソルビトール
酒精、香料、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳、小麦、大豆、りんごを含む)
販売温度帯:常温

栄養
熱量:169kcal
タンパク質:3.5g
脂質:2.6g
炭水化物:31.9g
ナトリウム:358mg
販売者:神戸物産KB25

■共通点
・具材が少ない
・着色料を使用
・添加物が多め

■個性
ビッグ・エー
・袋が取りにくく海苔が袋に残りやすい
・キャッシュレスはPayPayのみ利用可能
・レジ袋は有料
・製造会社は公開

業務スーパー
・特に添加物が多い
・キャッシュレスはクレジットカードVISA/Mastercard、Suicaが利用可能
・レジ袋は無料
・製造会社は非公開

■まとめ
通常販売価格が49円と55円とファミマやミニストップと比較して約半額
なので大手コンビニと味の比較はしません。今回の2店を比較すると
価格相応の味で優劣の差はつけにくい。

また食パンは立地が近いビッグ・エーは66円で業務スーパーは67円と
お互いライバル視していると思われ時間があればこれも食べ比べたい。
最後に味より量を重視する方に格安おにぎりはおすすめである反面
売切前に早めに購入したい。
 
スポンサーリンク





テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

ファミマとミニストップ(100円)のおにぎり、紅しゃけとツナマヨネーズを食べ比べた結果

過去に下記記事を書いたが、今回はファミマとミニストップ
のおにぎりを食べ比べた結果を書いていく

ミニストップ、100円おにぎりと他2店舗を食べ比べた結果


*以下すべて税別
*具材はシャケとツナマヨネーズ

▼ミニストップ(イオン系)
・価格:100円
名称:紅しゃけ
特徴:ふり塩ごはん、有明海産焼海苔使用
原材料:
国産米、ベニサケほぐし身、海苔、昆布粉末入り食塩
(その他小麦、大豆由来原材料を含む)、トレハロース、酢酸Na
調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、酸化防止剤(V.C)

栄養
熱量:176kcal
タンパク質:4.6g
脂質:1.8g
炭水化物:35.4g
ナトリウム:280mg
製造者:日本デリカフレッシュ東京工場

・価格:100円
名称:ツナマヨネーズ
特徴:ふり塩ごはん、有明海産焼海苔使用
原材料:
国産米、マヨネーズ、かつお油漬、海苔、だし入り醤油たれ、昆布粉末入り食塩
ツナ、(その他小麦由来原材料を含む)、酢酸Na、トレハロース
増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、酒精
pH調整剤、グリシン、香辛料抽出物

栄養
熱量:214kcal
タンパク質:3.7g
脂質:6.5g
炭水化物:35.2g
ナトリウム:320mg
製造者:日本デリカフレッシュ東京工場

▼ファミリーマート(伊藤忠系)
・価格:139円
名称:紅シャケ
特徴:藻塩熟成、有明海産海苔
原材料:
国産米、紅鮭ほぐし身、海苔、食塩/pH調整剤
(一部にさけ含む)

栄養
熱量:188kcl
タンパク質:5.6g
脂質:1.6g
炭水化物:37.8g
食塩相当量:0.9g
製造者:トオカツフーズ千葉柏工場

・価格:110円
名称:シーチキンマヨネーズ
特徴:藻塩熟成、有明海産海苔
原材料:
国産米、ツナフレークマヨソース和え、海苔、食塩/糊料(加工デンプン、増粘多糖類)
酢酸Na、調味料(アミノ酸等)、リゾチーム、香辛料抽出物
(一部に小麦、卵、乳成分、大豆、りんごを含む)

栄養
熱量:228kcl
タンパク質:4.7g
脂質:6.5g
炭水化物:37.6g
食塩相当量:1.1g
製造者:戸田フーズ戸田工場

■おにぎりの大きさ
見た目の大きさは4つともほぼ同じ

■具材の多さ
ファミマ←ミニストップ

■海苔のこのみ
ミニストップ←ファミマ

■個性
ミニストップ
普通においしいが具材が少ない印象
ファミマ
紅シャケの食感がおいしかった

■まとめ
ミニストップは税別統一100円で2個で200円
ファミマは税別139円と110円で2個で249円
*現在は1個ごとに50dポイント付与予定

ポイント付与を除けば49円差の違いは覆面で食べ比べると
正直難しいと思う。今回はトータルでミニストップを評価したい。
一方で袋の開けやすさや表示文字の大きさはファミマを評価。

明日は在庫があれば税別49円と55円の格安おにぎりを比較予定。
 
スポンサーリンク





テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

業務スーパー、国産白菜使用/国内製造/あっさりキムチ500gのコスパは

毎日は食べないが時々食べたくなるのがキムチで
近所スーパーの特売時は気になる商品。

業務スーパーのキムチは中国産や韓国産など国産が
少ないため今まで遠慮してきたが最近、国産白菜使用
かつ国内製造のキムチを見つけた。

商品名:あっさりキムチ
内容量:500g
価格:198円 税別
製造者:有限会社古関商店
特徴:国産白菜使用
原料原産地名:国産
アレルギー物質:小麦、大豆、エビ、カニ
原材料:
白菜、にんにく、唐辛子、生姜、玉ねぎ、胡瓜、瓜、漬け原材料(アミ塩辛、食塩、醸造酢)/
調味料(アミノ酸)、酸味料、ソルビット、いわしエキス、ビタミンB1、ユッカ抽出物、増粘多糖類
アナトー色素、キトサン

栄養成分:
100gあたり
エネルギー 31 kcal
たんぱく質 1.8g
脂質 0.1g
炭水化物:5.8g
食塩相当量:3.2g

感想
・国産白菜使用で500g/198円はコスパが良い
・水分多めだが、あっさりして食べやすい
・着色料(アナトー色素)が気になるが人工甘味料や保存料は不使用
・白菜以外の原産国は不明

まとめ
国産白菜利用のキムチが業務スーパーで販売している記事が
見つからなかったため書いてみた。辛味が強くなく食べやすい
が、開封後は冷蔵庫内へのにおい移りを防ぐために密閉性が
高い保存容器に移した方が良いでしょう。
 
スポンサーリンク





テーマ:男の手料理・酒の肴 - ジャンル:グルメ

1日3食おコメを食べていますか、日本人がコメを食べなくなった理由

今日は投資でなく、食の話を

そして気になった記事は

東洋経済オンライン

なぜ食べない!コメの消費が減り続ける真因
食の多様化の「犠牲」になっている?


要約
・コメのご飯の調理時間は約1-2時間かかり、手間がかかる
・特に若い世代は、コメを食べると太りやすいと考えている
・ライフスタイルの変化に対応して短時間、少量で料理できる
米加工食品などの開発が今後必要ではないか

私は若者ではありませんが、正直ほとんどコメを
食べない。主食はうどんやラーメンなど麺類が
メインです。確かに手軽に調理できることは重要。

記事のとおり、私もデスクワーク仕事なので3食
コメに限らず炭水化物を食べると太ったり、おなら
が増えるので、特に夜は炭水化物を食べないよう
心がけている。

ただ、夜炭水化物以外でお腹を満たそうとすると
おかず主体の調理は手間がかかるが、週2-3回
ぐらは肉を主食代わりに食べたり、加工度の低い
缶詰やコメなし納豆を代わりに食べている。

あとは私の場合、基本せっかちな人間なので
夕食はお酒も食事もゆっくり味わいながら食事
を楽しもうかなと考えている。
 
スポンサーリンク





テーマ:男の料理 - ジャンル:グルメ

ローソンストア100の利用方法

ローソンストア100は関東中京近畿中心にある
税別100円が多いコンビニです。

私の買い方は
・こしょう、一味唐辛子など調味料の詰め替え商品
・カップ麺が好きなので週一は山積み商品をチェック
・最近はチラシ販売が多いのでチラシ商品狙いで

キャベツ太郎などたまに食べたくなるお菓子が多いので
デブになる誘惑が多いのは事実。そして時々ローソン
売れ残りと思われるブリトーなど掘り出しのもがあり
ロー100が好きな方は意外と多いかもしれない。
 
スポンサーリンク





テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる