FC2ブログ

2021-08

大手ネット証券会社、2021年4-6月期決算からわかる営業戦略

今日はこの記事から
証券12社増益、株式売買の依存度低下 野村は黒字確保
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB29EE70Z20C21A7000000/

▼要約
・株式売買手数料の依存度を減らし投信やファンドラップの販売に注力
・運用残高の増加により信託報酬やラップ手数料が増え安定収益源

▼まとめ
野村、大和、SBI、マネックスの4社はグループ決算で証券単体ではない。
株式売買手数料ゼロの流れが広がる中、ファンドラップに注力している
証券会社が多いことが今回はじめて知った。

プロに任せれば安心と思う方がいらっしゃる一方、自分で勉強して
自らリスクを取って運用する方もいて、どちらが正解がわからないが
私自身は自分で決断して投資をしたいタイプである。
 
スポンサーリンク





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

StockPoint for CONNECT、4回目の株ガチャ途中結果が想定外だった

StockPoint for CONNECTでは現在4回目の無料株ガチャ
キャンペーンが実施中だが、ガチャの結果が想定外だった
ので途中結果をレポートする
https://connect.stockpoint.jp/campaign/detail/20210617_001

▼2021年7月1日から28日まで28回+2=30回の結果
*+2は10回ハズレで1回高確率ガチャが追加で引ける

・5キャッシュポイントx5=25ポイント
・30Pontaポイントxx3=90ポイント
・50りそな銘柄ポイント

▼想定外とは
30回ガチャを回して1回も1株が当たらなかった。各種ポイント
を合計しても165ポイントと過去最低を更新する勢いだ、すでに
CONNECT証券口座を開設済みなので釣った魚にはなんとかの
ように当選確率は新規登録ユーザーと比較して低いかもしれない

▼まとめ
あと12回は株ガチャを回す機会があるが期待できないでしょう。
1周年記念キャンペーンは純粋に楽しめないことが見えてきた中、
あきらめず最後まで完走を目指すことをゴールにしたい。
 
スポンサーリンク





テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

PayPay、自治体応援キャンペーンは重複してポイントを得られるか

今日はこのキャンペーンから
PayPayであなたの街を応援しよう!いろんな街でキャンペーン開催
https://paypay.ne.jp/event/support-local/

▼内容
自治体によってキャンペーン内容は異なるが
例)
東京都板橋区:最大30%還元、3,000円/回、月1万円まで2ヶ月間
https://paypay.ne.jp/event/tokyo-itabashi-city-20210701/
東京都北区:最大20%還元、2,000円/回、1万円まで2ヶ月間
https://paypay.ne.jp/event/tokyo-kita-city/
なぜ違うかは自治体の実施規模や予算(税金)などによって条件が
異なると思わる

▼まとめ
電話で確認したところ、当自治体CPと夏PayPay祭は重複して適用されず
還元率が高い方のみ適用される。そして自治体が異なれば重複されず
それぞれポイントが付与されるだった。

注意事項に記載はなかったが居住地は関係なく店舗の立地がCP対象店
であれば、適用されるようだ。各店でPayPay払いするとき居住地の確認
はされないので。

もっとも暑い夏の中、時間や手間をかけて遠い店に言って数十円から
数百円のポイント付与より体調管理などメリットとデメリットをよく考えた
上で行動されることをおすすめする。
 
スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

Kyash、イマすぐ入金は情弱ビジネスか

今日はこのリリースから
Kyash、後払いサービス「イマすぐ入金」の提供を開始
https://www.kyash.co/press-release/20210712

▼イマすぐ入金の手数料
申し込み金額:手数料
3,000〜10,000円:500円
11,000〜20,000円:800円
21,000〜30,000円:1,150円
31,000〜40,000円:1,500円
41,000〜50,000円:1,800円

▼まとめ
手数料を見ただけで情弱ビジネスかこの記事では断言しませんが
Kyashは「新しいお金の文化を創る」と記載があるが、普通にお金
を貸して高額の手数料を課す会社と改めて認識した。
 
スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

あおぞら銀行BANK支店、ゆうちょATM利用手数料の有料化を考察

今日はこのリリースから
ATM利用料金の新設
https://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2021/uemgm1000002qopu-att/a1624859459773.pdf

▼内容
2022年1月17日から郵便局・ゆうちょ銀行を除く駅・ショッピングセンター
ファミリーマート等のATM利用料金が110円がかかる
有料日時
・平日18以降と8時45分以前
・ 土日14時以降と9時以前
・休日すべての時間

▼あおぞら銀行キャッシュカードでゆうちょATM利用の手数料
全国のゆうちょ銀行または郵便局のATM
毎日8:00~21:00
何度でも手数料無料

▼まとめ
ゆうちょ銀行の支払や硬貨やATMなど各種手数料が改悪される中
提携先であるあおぞら銀行も影響を受けてATM利用手数料の設定
が想定される。

あおぞら銀行が追加手数料を負担してまで無料化を続けることは
考えにくいので、2022年以降は注視しつつ、なるべく無料日時のみ
利用することを心がけたい。
 
スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる