FC2ブログ

2019-08

Line証券、最短約3分で口座開設できるがデメリットは

今日はこのリリースから

“投資をもっと身近に、もっと手軽に“ 新スマホ投資サービス「LINE証券」提供を開始
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/2870

野村ホールディングスとの合弁企業であるLine証券が今日
2019年8月20日からAndroidアプリでサービスインした。
iOSは後日配信予定。

▼取引可能サービス
・国内株式 100社を1株から
・国内ETF 9種を1口から

▼本人確認資料
1.個人番号カード(顔写真付き)
2 通知カード(顔写真なし)+運転免許証
*1か2のいずれか

▼売買手数料
売買価格に含まれる

▼取引時間
平日午後9時まで即時注文・即時約定が可能

まとめ
月間8100万人を超えるライン利用者を中心に投資未経験者や
投資初心者などの新たな顧客開拓を目指す。と書かれているが
新規性はあまりなく、売買手数料が不明なのは残念だ。

ブルームバーグによると売買手数料について
「即時注文即時約定のサービス提供を可能にするため在庫を
抱えることなどから、リスクを価格に上乗せして提供している」

参照記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-20/PWILWM6S972901

と記載があるが、であればなおさら売買手数料の内訳を明示
せずユーザーの理解を得られるのか推移を見守りたいと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

吉野家と松屋とすき家、3大牛丼チェーンのキャッシュレス決済対応をまとめた

2019年8月現在のキャッシュレス対応をまとめる

▼吉野家
WAON、楽天Edy、nanaco、Suicaなど交通系ICカード
iD、QUICKPay+、Origami Pay

ソース
https://www.yoshinoya.com/service/ic_service/

▼松屋
PayPay、LINE Pay、R Pay、d払い、au PAY、Origami Pay
ゆうちょペイPay、メルペイ、ALIPAY、We Chat Pay

ソース
https://www.matsuyafoods.co.jp/qr_payment/

▼すき家
QUICPay、iD、楽天Edy、Suicaなど交通系ICカード
JCB、Visa、Mastercard、AmericanExpress、ダイナース、ディスカバー
*JCBコンタクトレス、Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレス、AmericanExpress®Contactlessに対応

ソース
https://www.zensho.co.jp/jp/company/news/resource/pdf/zensho_smbc_jcb.pdf

■まとめ
吉野家:電子マネー中心に対応し決済スピード重視

松屋:QRコードのみ対応し各社キャンペーン重視

すき家:QRコード決済以外のクレジットカードなど幅広く対応し
大手外食チェーンとしてマクドナルドに次いで2社目に4ブランド
のNFC決済(非接触決済)対応と国内外発行クレカも利用しやすい

別の視点
・決済スピード重視:吉野家、すき家
・キャンペーン重視:松屋
・非接触決済重視:吉野家、すき家
・訪日外国人重視:すき家、松屋(中国人など)

最後に各店舗ごとの正確なキャッシュレス対応は公式サイト
や電話でご確認ください
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

はなまるうどん、現金小銭いらずのキャッシュレス対応が遅い件、電話で確認した結果

次に引越する機会がある場合、近所に2店舗以上はなまるうどん
がある地域を選びたいと思っているほどお気に入りの店である。

最近はなまるうどんに昼ごはんを食べる機会が2回あったが
いまだに支払いは現金のみだった。

2019年4月19日に下記リリースは

はなまるうどんも小銭いらずで便利になる!
「電子マネー・モバイル決済」順次導入
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000019432.html

リリースでは2019年6月から順次電子マネーやモバイル決済を
導入と書かれているが、約2ヶ月以上経過しても導入が遅れて
いるため電話してわかったことは

・2019年9月末を目処に電子マネーやモバイル決済を全国で導入予定
・中国ブランドの「微信支付(WeChat Pay)」「支付宝(Alipay)」は導入時期が未定

*日本ブランドの対応決済
電子マネー
Suicaなど「交通系ICカード」「WAON」「iD」「nanaco」「QUICPay」「楽天Edy」

モバイル決済
「au PAY」「d払い®」「LINE Pay」「Origami Pay」「PayPay」「ゆうちょPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」

はなまるうどんは税込から税別表示で実質値上げにより支払い
後の小銭が増えたり、キャッシュレスが遅いなど不満がツイート
で少なからず確認している。

ゼンショーグループのすき家などはNFC決済(非接触決済)の
JCBコンタクトレス
Visaのタッチ決済
Mastercard®コンタクトレス
AmericanExpress®Contactless
を2019年7月より順次開始しており大手外食ではマクドナルドに続く
導入が始まる中、はなまるうどんは早期に遅れを取り戻してほしい。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

スマホ決済、還元率の高さより先に実行したいスマホのセキュリティ

今日はこの記事から

「二段階認証を入れたから、オレのデータは安全」と思っているユーザーに伝えたいこと
https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1907/30/news040.html

ポイント
・SIMにPINを設定する
・メールボックスへのログインに関しては必ず安全な認証方法を設定する
・二段階認証コードを他人に教えてはいけない

2019年8月も各社スマホ決済のさまざまなキャンペーンを
実施される一方、セブンペイは実働4日でサービス終了に
なる現実もあり、スマホはますますセキュリティが重要になる。

インターネットバンキングで不正をなくす究極の方法はネット
バンキング登録を解約すること、同じく必要以外の金融/決済
のアプリを利用しないことも一つの手段である。

私のスマホでスマホ決済アプリは現在4つインストールして
おり精査して1-2アプリに集約したいと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

ローソン銀行、はじめての定期金利1-3ヶ月で0.25%以外のメリットは

今日はこのプレスリリースから

「ローソン銀行はじめての定期預金キャンペーン!」実施のお知らせ
https://www.lawsonbank.jp/news/pdf/20190722_01_news.pdf

当キャンペーンのポイント
・はじめての定期預金する方が対象者
・1-3ヶ月で金利0.25%
*住信SBIネット銀行は3ヶ月で0.3%

当キャンペーンのために新規口座開設は少しハードルが高いでしょう。
一方で2019年10月からローソン3ブランド店で税別100円で4Ponta貯まる
(還元率4%=JALマイル還元率2%)ローソンPontaプラスのクレジットカード
はPontaやJALマイルを貯めている方はメリットが大きい。

この高還元率は期間未定ですがキャッシュレス消費者還元事業の期間
終わりである2020年6月30日が終了目安(約9ヶ月間)でしょう。

さらにローソンPontaプラスの今後の希望仕様は
・Mastercardコンタクトレス対応(ローソン3ブランド店はコンタクトレス対応済み)
・Ponta会員バーコードを提示せずクレカ決済のみでPontaポイントを貯められる仕様
・当カード保有者はお試し引換券はすべてアプリクーポン(ローソンアプリ)で交換できる特典

ローソン銀行は新しい銀行なので革新性や新サービスを今後期待したい。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる