FC2ブログ

2019-11

SBI証券、株式売買手数料の無料化の代償はあるのか

今日はこの記事たちから

覗かれる株注文データ 高速取引、個人に先回り
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52202780V11C19A1000000/

手数料ゼロが招く歪み 証券会社と高速取引業者の蜜月
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52289640Y9A111C1I00000/

株注文の情報、外部に知られない設定に SBI証券
100~300ミリ秒→0ミリ秒に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52312360Y9A111C1EE9000/

北尾吉孝のSBI証券、先回り注文のインチキがバレてしれっと仕様変更
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65953146.html

SBI代表の北尾吉孝さん、先回り注文のインチキは理由なき誹謗中傷と日本経済新聞に怒りの反論
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65953162.html

要約
個人投資家の株式売買情報を先回りさせて業者からリベートを受けている疑惑

私は株式売買やデイトレはしていないので実態はよくわからないが
3年以内を目標に株式売買手数料の無料化をIR資料で見ていたので
原資の1つがこのSORと考えられる

最後に
SBI証券の顧客中心主義に基づく業務運営方針をコピペする

方針1  お客さまの最善の利益の追求
方針2  利益相反の適切な管理
方針3  手数料等の明確化
方針4  重要な情報の分かりやすい提供
方針5  お客さまにふさわしいサービスの提供
方針6  従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
 
スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

あおぞら銀行BANK支店、クレジットカード引落口座の設定が難しい理由

あおぞら銀行BANK支店は
・普通預金金利が0.2%
・ゆうちょ銀行ATM利用手数料は無料
・Visaのタッチ決済対応デビットカード
・月最大3回までネット振込手数料が無料

と使い勝手が良いと思ったので新規口座開設し振込手数料
無料が月2回利用可能になったのでクレカの口座引落をBANK
支店に5社移した。

正直、想像以上に手続きが大変だった。
理由は口座開設時に印鑑もサインも登録がないため。

ポイント
・5社ともインターネットで手続きできず郵送のみだった

・4社は事前にデスクに電話して書面の印鑑欄は空欄で
OKを確認して郵送したが、2社は再提出依頼の郵便が来た

・その2社は大阪と福岡の電話番号だったが事情を説明して
再提出は回避したが、1週間前後は余計に日数がかかった

・1社は手続き用紙に印鑑なしの選択肢があったため連絡不要
だったが、手続完了は一番遅くトータル約5週間かかった

・2社は空欄でOKか、あおぞら銀行に聞いてくれと言われてHPでは
下記の通り書かれている

質問
BANK支店を各種料金の引落口座に指定したいのですが、預金口座振
替依頼書に印鑑を押さなくてもよいのですか?

回答
BANK支店では印鑑のご登録をいただいておりませんが、収納企業によって
は口座振替依頼書に印鑑またはサインが必要な場合があります。「預金口座振替依頼書」
の銀行届出印の欄にはお客さまご自身のサインまたは任意の印鑑をご捺印
いただくようお願いいたします。
https://www.aozorabank.co.jp/faq/bank/post_a8.html

明確でないと思ったため電話で確認すると空欄でも問題ないと回答があった

まとめ
口座振替の手続きが整うと、あおぞら銀行から郵便(親展、転送不要)で
「口座振替依頼書受領のお知らせ」
が来て本状日付から2週間後より口座振替の手続を開始します。
と書かれていた。

つまり手続きが完了するまで4-6週間前後かかる計算になるので
クレカ会社に口座振替依頼の電話時に印鑑なし口座の事情を説明
し対応を正確に確認するなど、十分な準備と時間を必要と思った。
 
スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

あおぞら銀行BANK支店、普通金利0.2%が改悪される前兆

あおぞら銀行BANK支店は普通預金金利が0.2%と高金利が魅力的
なので口座開設したが、サービスイン後3ヶ月未満ですが、不穏な
お知らせが続いている。

▼2019.8.30
2019年9月1日より「あおぞらポケット定期」の適用金利を利下げします

▼2019.10.4
BANK支店限定 あおぞらネット定期(1年もの)は2019年10月21日(月)
のお預け入れより年0.2%(税引後年0.159%)に利下げします。

10/21から定期金利は0.25%→0.2%と定期預金金利と普通預金金利が
同じ金利になる。定期と普通が同じ条件が続くことは考えにくいので
近日中に普通預金金利の低下が発表されるかもしれない。

クレジットカードや各種引き落としをBANK支店に集約しようと考えて
いるが当面様子見したい。そして定期的にHPチェックする予定。

最後に住信SBIネット銀行は過去の円普通金利の金利改定履歴を
すべて情報公開しているが、あおぞら銀行BANK支店は今度の対応
を見守りたい。
 
スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

消費税10%直前、今から間に合う官製キャッシュレスの事前登録まとめ

2019年10月から2020年6月まで消費税10%増税の景気影響
を避けるため官製キャッシュレス還元制度が始まる。対象店舗
の買い物で5%か2%の還元が受けられる。

当制度はすべて把握していないが私が利用するキャッシュレス
サービスの還元内容を確認する。

▼Suica
下記サイトでSuicaを登録でJREポイント還元
https://www.jrepoint.jp/information/suica_cashless_pointback/

▼Kyash
・登録不要だが2019年10月から還元率が1%と改悪になる
反面、ポイントはすぐに反映される

・QUICPayによる決済は対象か対象外か不明なので明日確認予定
https://support.kyash.co/hc/ja/articles/360032606292

▼JALカード
国際ブランドによって異なるため下記サイトでご確認ください
https://www.jal.co.jp/jalcard/announce/cashless/

▼リクルートカード
登録不要でリクルートポイントでなく請求金額から相殺
https://recruit-card.jp/info/20190910/

おまけ
▼JCBカード
キャッシュレス制度でないが最大5万円利用で1万円キャッシュバック
事前登録が必須で2019年12月15日まで実施中
https://www.jcb.co.jp/campaign/cashb20_1908.html

*対象カードが限られているがANA JCBプリペイドカードは審査不要
で入手できる反面、本人確認はクレジットカードと同等だった

私はJCBカードのキャンペーンを優先し目標達成するころにはキャッシュレス
制度の理解が進むと思われ、その時までに次の一手を考えたいと思う。

複数の消費税設定や当制度の導入により消費者やお店も当初の混乱は
避けられないと思うが、税制やポイント還元ルールもシンプルかつわかり
やすいことが一番重要。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

ANA、ソニー銀行と海外利用で便利なデビットカードを新規発行でメリットは

今日はこのリリースから


ANAグループとソニー銀行が外貨領域における提携事業を開始
~ANA XがANAグループとして初となる銀行代理業に参入~
~ANAマイル付き外貨定期預金とマルチカレンシーデビットカードの取り扱いを開始~
https://www.ana.co.jp/group/pr/201909/20190909.html

ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET(マルチカレンシーデビットカード
/ANAマイル付き外貨定期預金の特徴

・新規発行開始日は2019年9月19日
・年会費/新規発行手数料は無料
・国内のVisa加盟店でのご利用額1,000円ごとに5マイルを積算
*海外利用分は不明
・外貨預金と投資信託の月末残高に応じて、マイルを毎月積算
*詳細は未記載
・他行振込手数料の無料回数を毎月1回プラスの最大で月11回まで無料
・ANAマイル付き外貨定期預金は2019年11月からで満期時に外貨定期
預金金利に加えて、預け入れ通貨、期間、金額等に応じたANAマイルを積算
*詳細は未記載

まとめ
このカードJALグローバルウォレット(JGW)対抗サービスと思われる。
JGWより後発であるが、非接触決済であるVisaのタッチ決済に未対応は残念。
このデビットカードは海外利用で特にメリットがあると思われANAカードのVisa
はタッチ決済対応済みなのでANAグループとして一貫性が求められる。

また外貨預金/投資信託の残高や外貨預金のANAマイル付与の詳細
を公開しておらず情報の小出しはあまり良い印象を持てなかった。

しかしながら特に海外でVisa決済や現金引出など手数料が節約できる
カードでANAユーザーで海外利用が多い方はメリットが大きいでしょう。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる