2013-06

ドコモとiPhoneの遅すぎた春

2013年5月になっていろいろな記事が増えてきた。

見えてきたドコモ版iPhoneの実現、「ドコモのツートップ」戦略が意味するもの
出るの? 出ないの!? “一人負け”ドコモがiPhone参入できない深いワケ
ドコモ、iPhone販売拒む3重の壁…「今年確実」「絶対ない」業界内で割れる見方
ドコモユーザーはiPhoneとツートップどちらが幸せ?

ドコモのツートップ戦略は、賛否両論あるみたいだか
つまるところ、国内のF 富士通、N NEC、P パナソニック
そしてSH シャープに対して、これからドコモから購入台数
を減らすから自力でビジネスを考えてくれと思われる。

ガラパゴスと言われた国内メーカーを守ってきたドコモが
メーカー同士の再編や撤退の決断を迫っていると感じた。

背景として近年のドコモ契約数の低下が関係している
ことは確かである。

世界の中で日本人は特にiPhoneがすきと言われているが
ドコモがiPhoneを販売開始するか、またも噂で終わるか
見守りたいと思う。
 
スポンサーリンク






テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2009年から
インデックス投資はじめました
コンビニ三国志
ビール
Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる