2014-03

LINE電話と国際電話アプリの料金を比較してみた

LINEがLINE電話なる新サービスを近日中にサービスインするそうです。

LINE同士は無料通話やチャットができますが、携帯電話や固定電話
や国際電話の電話番号に有料でかけることができます。

楽天Viber(バイパー)やマイクロソフトSkype(スカイプ)はすでに
同様のサービスがあり後発になります。

ポイントは自分の電話番号が相手先に通知されるかですが
プレスリリースでは着信側がドコモのみ非対応です。

日本では、着信側がNTT docomo端末ご利用の場合に限り、
発信元電話番号通知に非対応で、 “通知不可能”“もしくは”“非通知”と表示されます。


本題の国際電話や日本国内通話の料金を比較すると
▼アメリカ
LINE 2円/分
コスモゴールド+アプリ 1円/分

▼中国
LINE 2円/分
コスモゴールド+アプリ 1分1.6円
アイコム+アプリ 1分1.6円


▼日本
LINE 携帯電話 14分/円
    固定電話 3分/円
コスモゴールド+アプリ
   日本携帯 14円/分
   固定電話 5円/分

アイコム+アプリ
   日本携帯 13円/分
   日本固定 8円/3分

*LINEはすべてコールクレジットの料金

国際電話の料金は情報公開が少ないので未知数ですが
国際電話アプリの方が料金が現在安いです。

日本国内通話は国際電話アプリと比べて料金は一長一短
と思いますが、ポイントは日本最大のドコモユーザーに非通知
であることです。非通知の電話は通常電話に出ないと思うので
なかなか厳しいかもしれません。

国際電話アプリは日本携帯のみ発信番号が通知されます。
いずれにしても楽天Viberも含めて選択肢が増えることは
高止まりのスマホの通話料金が安くなる方向はうれしいです。
 

スポンサーリンク






テーマ:携帯節約 - ジャンル:携帯電話・PHS

«  | HOME |  »

プロフィール

国際電話の達人

Author:国際電話の達人
国際電話のホントをお伝えします。
Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる