FC2ブログ

2017-10

過去保有したインデックス投信を振り返る第2回 SMTグローバル株式インデックス・オープン

2017年8月に保有インデックス投信をすべて売却した
保有してわかった、メリットとデメリットを自己検証シリーズ予定。

第2回
SMTグローバル株式インデックス

由来
SMTとは
Sumitomo Mitsui Trust
旧名称は
STAM グローバル株式インデックス・オープン
Sumitomo Trust Asset Management

選定理由
2009年当時、インデックス投資信託シリーズでこの投信が
一番人気があり、純資産も増え続け、低コストだったから。

コスト(税別)
信託報酬:0.5%
信託留保:0.05%

メリット
トラッキングエラーの誤差幅が少なく、おおむね安定した
運営だったと思う。

デメリット
年2回の決算があり、このファンドも分配金をちょいちょい出す
のが不満だった。また最近さらに低コスト化したニッセイAM
のニッセイ外国株式インデックスファンドが、0.189%(税別)と
この投信の半分以下なので、相対的に低コストではなくなった。

まとめ
コストだけを見ると、このインデックス投信を選ぶ理由はない
と思われる。三井住友AMは、以前インデックス投資信託の
低コスト化、シリーズ化でインデックス投資信託業界を牽引
してきたが、ここ最近の低コスト競争に対して沈黙している
のは残念である。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる