FC2ブログ

2017-11

SBI証券のランキングでわかる野村つみたて外国株投信の潜在力とは

先月10/4にこんな記事を書いた

SBI証券で野村つみたて外国株投信を記念購入した理由とは

当ブログでこだわっている野村つみたて外国株投信は今年の
10/4から実質販売開始後、約1ヶ月が経ったので、どのような
結果になったのか、2017年11月13日現在で確認してみた。

▼純資産
初期設定 100万円→1億1千1百万円

▼SBI証券のランキング
販売金額(週間) 63位
販売件数(週間) 10位
積立設定金額(月間) 2位
積立設定件数(月間) 6位
NISA販売金額(週間) 37位
銘柄注目度(週間) 34位

▼考察
・現時点で私の知っている限り、SBI証券かつ積立のみ購入
できるファンドとして、純資産が約1ヶ月で1億円を突破した
新人としては好スタートといえる

・積立設定金額と件数そして週間販売件数の3つがベスト10
にランクインしたが、特に月間積立設定件数が2位なのは
積立設定で実質スポット買いが多いと思われる

・週間の販売金額が63位と評論しにくい微妙な数字ですが
積立専売投信としては、逆に販売金額が高いと感じた

▼まとめ
野村AMもSBI証券も大きな宣伝や積極的な告知を見かけないが
知る人ぞ知る玄人受けする野村つみたて外国株投信はベスト10
に複数ランクインする大型新人設定は間違いでなかった。

野村グループは採算が合わないとすぐ撤退する過去(ネット証券など)
があることは確か。ただし、このファンドはつみたてNISAとして金融庁に
申請認定された商品なので、よほどの理由がないと早期償還は難しい。
なぜなら金融庁が持つ許認可に影響を与える可能性があるから。

野村つみたて外国株投信はみずほ銀行がつみたてNISAの
ラインアップとして選定された実績
もあるので、順調に
育って欲しいファンドの1つです。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる