FC2ブログ

2017-11

eMAXIS Slim新興国株式インデックスは12/13から0.19%に引き下げ、楽天VWOやEXE-iは三日天下か

仁義なき信託報酬コスト競争はまだまだ続いている。

この記事で知りました。
いつも新情報お世話になっております。

バリュートラスト
三菱UFJ国際投信が「eMAXIS Slim」シリーズ1ファンドの信託報酬率を引き下げ


exe-i
出所:モーニングスター作成(2017年11月20日現在)

▼信託報酬コストを税込で比較
・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.2052%
・EXE-i つみたて新興国株式ファンド 0.1948%
・楽天VWO(新興国株式インデックス・ファンド) 0.2696%

▼新興国株式インデックスの最近のニュース
10/31 楽天投信が楽天VWOを11/17に新規設定
11/17 SBIAMがEXE-i つみたて新興国株式ファンドを12/6に新規設定
11/22 三菱UFJ国際投信がeMAXIS Slim 新興国株式インデックスを12/13
から信託報酬を0.339%→0.190%と税別0.149%引き下げ

▼まとめ
11/20現在の比較表が数日で古い情報になる、それが今のインデックス
ファンド業界である。三菱UFJ国際投信が、自ら最安は狙わないが、抜かれ
たら同等に合わせる戦法を再発動。新興国株式インデックスと先進国株式
インデックスは同等のコストになりコモデティ化し買いやすくなった。

インデックス投資家として、うれしい競争ですが、正直どれが最適な選択か
今年の年末まで見えないので、最新ニュースは自分のためにもチェックして
記事を続けたいと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる