FC2ブログ

2018-02

KDDIアセットマネジメントはビジネスとして成功できますか?

今日はこの記事から考えてみる

日経ビジネス
大和・りそな、スマホ戦略が映す苦悩
「顧客はどこに?」もがく金融


銀行員のための教科書
KDDIのアセットマネジメント業参入で得をするのは大和証券

上記記事を要約すると、上は大和からKDDIに合弁会社を
提案し、30-40代にアプローチしたい。下は資産運用会社
の経営は簡単ではないですよ、そして大和証券のメリット
が一番大きいはず。

KDDIは今月、社長交代があったがライフデザイン企業と
して通信は基本としながら、金融やコマースなど多角経営
化し次の柱を育てたい方針は理解できる。

その手段の1つとして資産運用会社の新設立は通信3
キャリアの中で最初の挑戦ですが、大和証券からの
提案が事実としたら初耳だった。

KDDIも独立系大手証券会社からの資本業務提携がある
とゼロからのスタートとはいえ、金融庁の許認可の申請、
新規ファンドの設定や運用などのサポートは心強い。

後は後発企業として、挑戦者なのでどのような魅力的な
商品、販売方法、マーケティングなど、独自性を期待した
いですが、直販からスタートするとしたらビジネスの本気
度が高いと受け止める。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる