FC2ブログ

2018-07

インデックス個人投資家が信託報酬コストをこだわる理由

今日はこの記事から

日経新聞オンライン
保有コスト「信託報酬」に注目(投信観測所)

上記記事はアクティブファンドとインデックスファンド
それぞれ2018年初から資金流入の多かった上位
ファンドと信託報酬コストのランキング。

念の為、この記事で実質信託報酬とは私が調べた
限り、単純に消費税 (8%)を含めたコストと思われる。

▼アクティブ型の特徴
・ファンド名が長い
・ファンド名で投資対象がわかりにくい
・信託報酬コストが高い=高パフォーマンスとは限らない

▼インデックス型の特徴
・税込で10ファンド中4ファンドが0.5%のコストを超えて
いるが、来年はさらに低コスト化すると考えられる

・10ファンド中半分の5ファンドが米国株式インデックス
と根強い人気がわかる

・10ファンド中4ファンドが先進国株式がランクイン、
先進国株式に米国株式が含まれおり、残り1ファンド
は全世界株式なので、ランクインした10ファンドは
すべて米国株式が含まれる

インデックス投信で同じ資産クラスは商品構成が
ほぼ同じなのでより低コストの方が、少しでも良い
パフォーマンスを期待できる(手数料コストは固定)
ため低コストのインデックス投信の人気が高い。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる