FC2ブログ

2018-08

SBI証券、2018年7月の積立金額も件数も1位だったインデックス投信は

久々にSBI証券にログインしてeMAXIS Slim 先進国株式
の純資産の増え方を確認する途中で、積立金額と件数
のラインキングがともに3位だった。

私の記憶では2位か1位が定位置だったはずだがと
2018年7月のランキングを確認すると

積立設定金額
1位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
2位 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド
3位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
4位 ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
5位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

積立設定件数
1位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
2位 レオス-ひふみプラス
3位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
4位 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド
5位 ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

気になったポイント
・約1ヶ月で純資産が10億円超えたeMAXIS Slim 米国株式
は想定以上に資金を集めて人気が高い事がわかる

・米国株式はベスト5に2ファンドがランクイン
先進国株式もベスト5に2ファンドがランクイン

・ニッセイの外国株式はスリム先進国に対抗して信託報酬
コストを下げた好影響でベスト5に返り咲き

最後に
今回の記事でも2018年は米国株式の人気が高いことが
あらためてわかった。特にスリム S&P500は新規設定が
2018年7月3日と初月に積立金額、件数ともに1位に上り
詰めた結果を受け止めたい。

注意点は新規設定なのでスリムS&P500の月報及び
年間レポートがまだなので、実績より人気先行である
こと、そしてマザーファンドの規模や成績を確認して
から検討しても遅くないと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる