FC2ブログ

2018-08

eMAXIS Slim 先進国株式、野村つみたて外国株投信との年間レポートを比較

私は現在3本のインデックス投信を保有しており

1,eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
*つみたてNISA用

2,野村つみたて外国株投信
*発売記念用

3,iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)
*イオン銀行の普通預金金利 0.1%キープ用

2と3はスポット投資で、現在投資継続中は1の
スリム先進国株式のみです。

現在1と2の年間レポートが郵便で届いたので
比較してみた。念の為わかりやすく年間レポート
と書いたが正式名称は交付運用報告書が1年に
1回、決算日から約2-3月後に販売会社から送付
される。ただし電子交付選択の方は除く。

eMAXIS Slim 先進国株式と野村つみたて外国株
投信の年間ポートで一番の違いは背表紙にホチ
キスがありなしの違いである。

手元にある一番古い運用レポートは2012年のSMT
グローバル株式インデックスオープンは81ページ。
ページ数が多いため、もちろんホチキスありです。

eMAXIS Slim 先進国株式と野村つみたて外国株投信
はともに14ページと6年間で大きなページ差がある。
理由の1つは規制緩和と本当に必要最低限の情報
のみ顧客に伝える合理的な考えと思われる。

本題に戻りますが、スリム先進国株式はホチキスあり
で野村つみたて外国株投信はなしです。ホチキスあり
の方がバラバラにならず保存しやすく、読みやすい。

野村AMとしては超低コストの野村つみたて外国株投信
税別 0.19%はホチキスがなく、三菱UFJ国際投信として
一番かもしれない超低コストのeMAX Slim 先進国株式
税別0.109%はホチキスありと、より低コスト投信のほうが
コストをかけていたことがわかった。

内容は両ファンドとも顧客に伝えたい文字サイズは
新聞よりやや大きく見やすく、わかりやすく整理され
た情報だった。

最後にホチキスありが私の好みですが、いずれにしても
第1期からつみたてNISA非課税期間である20年後には
20期になり、20冊コンプするまで大切に保管したいと思った。
20年後は紙が黄ばんだり、文字が見れなくなる可能性
もありますが。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる