FC2ブログ

2018-09

SBI証券、投信購入で1%ポイント付与の楽天証券に対抗するのか

tumiki証券の先行ビジネスに楽天証券が勉強した
結果、楽天カードで投信購入すると1%もポイント付与
とビックニュースを先週お伝えした。

対してネット証券業界1位のSBI証券は、対抗サービスを
打ち出すかSBI証券ユーザーは少なからず期待している。

楽天サービスが苦手な私でも、つみたてNISA口座は
2019年から楽天証券x楽天カードx楽天銀行に電撃
でもないが、移籍しようかと考えている。

SBIグループが今回の対抗サービスを動きにくい理由は

・自社グループでクレジットカード子会社を持っていない
過去に持っていたが

・自社グループで住信SBIネット銀行がクレカを発行して
いるが、三井住友信託銀行と合弁企業なので大胆かつ
短期で決断できるのか未知数

・楽天ポイント経済圏のような自社グループでポイント
原資を捻出できるのか。

表面上は証券会社の1サービスの投資信託だから
無理して対抗する必要ないかに見える。しかしながら
クレカ、証券、銀行は連動性が高い金融サービスなので
1つ切り替えると3サービスとも顧客が離れる恐れも。

SBIグループはそれを十分理解されていると思うが
つみたてNISA口座の切替開始時期は毎年10月
なので対抗サービス発表としたら9月の可能性が高い。

つみたてNISAは年間40万円まで投資可能ので楽天
証券利用で、年間4,000ポイント付与されるがSBIGが
動くのか動かないのか、今月は平日毎日SBIGのHP
をチェックする予定。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる