FC2ブログ

2018-10

SBI証券、Tポイントと提携によるメリットとデメリット

今日はこのプレスリリースから

SBI証券
SBI証券とCCCマーケティング、資本業務提携契約に関するお知らせ
~Tポイント、データベース、スマホを活用した最も身近な金融サービスを目指して~
http://www.sbigroup.co.jp/news/2018/1030_11319.html

▼要約
1,CCCマーケティングと資本業務提携

2,スマホ証券としてSBIネオモバイル証券を設立し2019年春に営業開始予定

3,上記証券とSBI証券はTポイント投資やTポイントプログラムが利用可能に

▼注目点
・新証券会社は国内株式とロボアドバイザーのみと新規性は高くない

・Tポイントを貯める人はメリットがあり、ない人はメリットがない

・楽天ポイント経済圏に対抗は理解できる

▼まとめ
Tポイント参加はソフトバンクとSBIグループが元サヤに
戻った印象もある。しかしながらTポイント提携は拙速か
と思った。ファミマ離脱かニュースがありポイントを貯める
使う立場から見るとPontaやdポイントの方が使いやすいかと。

KDDIは大和証券と提携しており、ソフトバンクは過去の歴史
があるので難しい。ドコモと金融サービスで提携できれば
よりメリットが大きいかと頭の体操をするが、相手先の都合
もあるでしょう。

私の感想より、SBI証券が経営判断した施策は高度かつ
中長期の視点で考え抜かれたと思われるので、2019年春
のサービス内容を期待したい。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる