FC2ブログ

2018-11

楽天グループ、KDDIと業務提携でどちらにメリットがあるか

今日はこのプレスリリースから

楽天
KDDIと楽天、決済、物流、通信分野における事業協争を推進
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/1101_02.html

▼概要
1,楽天ペイのプラットフォームや加盟店網をau PAY(2019年4月スタート)に提供

2,Wowmaに楽天グループの物流を2019年4月から順次提供

3,KDDIが楽天に東京23区、大阪市、名古屋市 を除く、全国エリアでモバイル通信網を貸出
2026年3月末まで


▼注目ポイント
・この提携でメリットが大きい方は楽天。楽天がKDDIからモバイル
回線を低コストで仕入れが可能と見る

・KDDI側のメリットはスマホ決済の流通金額を短期間で増やせる

・プレスリリースの画像には楽天側に金融が入っている。KDDI
は今年2018年に資産運用会社を設立しサービスインしており
グループでじぶん銀行があり、金融で提携メリットがあるとすれば
思いつかない

▼まとめ
今回の業務提携は正直以外だった。なぜならモバイル通信
で楽天とKDDIは今後競合関係なので。しかしながら楽天が
通信ビジネスを全力で収益化したい、KDDIはテコ入れしたい
ネットショッピングのサービス強化やd払い対抗サービスの
早期収益化など各社のメリットが一致したと考えられる。

なんとかペイはお腹いっぱいですが、楽天が赤文字でなぜ
金融を入れたのか、今後の第2弾、3弾の提携が実現する
のか注目したいと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる