FC2ブログ

2019-01

メガバンクで投信購入1年後、騰落率ランキングを見る必要がない理由

今日はこの記事から

銀行が開示して判明! 投資信託「儲かる商品、損する商品」全実名
年利38%もあれば、マイナス48%も
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58186?page=3

リンク先は見る必要がない記事ですが、あえて
ツッコミを入れるとすれば気になったことは

・つみたてNISA対象投信と比べて手数料の高さ

・信託報酬の高さが収益と連動するとは限らない

・購入時と顧客の投信保有時の手数料で銀行は必ず収益がある

まとめ
当記事さえ見る必要ないと損切りされそうですが
そもそも顧客本位のラインアップでしょうか。そして
ブラックジョークなのか3メガバンクすべてに共通
して自社グループブランドの名前が含まれた投信
がワースト5にランクインしたこと。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる