FC2ブログ

2019-01

eMAXISシリーズ、無印シリーズの純資産が一部増えている理由

eMAXISシリーズは同じマザーファンドを採用しながら無印
と最安コストを目指し続けるSlimシリーズの2つがある

例)
eMAXIS 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

そして公式サイトではなんでもランキングが毎月更新されている
https://emaxis.jp/special/ranking/index.html

▼比較例
信託報酬コスト(税別)、純資産総額(2019年1月28日現在)、2018年12月販売額ランキング
・eMAXIS 先進国株式インデックス
信託報酬コスト:0.6%
純資産:約343億円
販売額ランキング:13位

・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
信託報酬コスト:0.109%
純資産:約312億円
販売額ランキング:2位

▼コスト差例
0.5%は1年で100万円で5千円
0.5%は1年で1,000万円で5万円
コスト差が違う。20年後そのコスト差が1,000万円で税別100万円になる

▼まとめ
コスト高の無印投信は、スリムシリーズを知らない方が
いらっしゃる、もしくはそこまで厳密にコストにこだわらない
方が積立投資しているため純資産が一部増えている理由
の1つと思われる。

私は今の超低金利預金の中0.5%差は大きいので今後
も継続コストは注視したいと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる