FC2ブログ

2019-04

クレジットカード、保有枚数が多いほど住宅ローン借入に影響する理由

今日はこの記事から

使ってないクレジットカードを解約せずに放置で起こりうる不都合なこと
カードに有効期限が設定されているワケ
https://media.moneyforward.com/articles/2840

引用開始
クレジットカードの利用限度額の概ね10%の金額を返済負担率
の計算において控除されます。

年間返済額が減ることで、住宅ローンの借入可能金額も少なく
なるため、クレジットカードは必要以上に多く持っているとこの
ように住宅ローンの借入金額に影響するので、使っていない
クレジットカードは解約するようにしましょう。
終了

詳細は上記記事をご覧いただいてクレカ利用限度額が
高いほどクレジット信用度も高いと思っていたが、住宅
ローンの借り入れ枠が減ることは初めて知った。

またどの記事か失念したがクレカ保有枚数が多いと
新規カード発行が否決される場合がある条件とは

・アフィリエイト目的
・保有カードの利用率が低いカードが多い
・毎月もしくは月に数回の新規申込

つまり未払い事故がゼロであっても、カード発行会社の
選別に当てはまらない属性は審査が通らない可能性が
あるため、住宅ローンの件も含めてクレカのリストラを
2ヶ月間で実行する予定。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる