FC2ブログ

2019-04

JALカード、VISAのタッチ決済やコンタクトレス決済対応に遅れる、たった1つの理由

今日はこの記事から

三菱UFJ、みずほで大型システム減損 統合先送りのツケ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44038380S9A420C1EE9000/

上記記事は三菱UFJニコス(ニコス)の約1,000億円
の減損記事ですが、JALカードの約49%株式をニコス
と同じグループの三菱UFJ銀行が保有中。そして
JALカードのVISA/Mastercard/Amexは株式会社
JALカードと三菱UFJニコス株式会社が共同発行
している。

2019年3月にコンタクトレス機能の今後の対応を電話
でJALカードに聞くとニコスに聞いてくれと言われた。
ニコスに電話で聞くと未定だった。

2007年4月、三菱UFJニコスに社名変更し現在2019年
4月と約12年経ってもMUFG、DC、ニコスの3システムが
別々に可動し統合できていない現実があり、システム
統合が最優先課題だったと思われる。

つまり競合企業の三井住友カード(SMCC)がプロパー
及び提携カードについて2019年3月からVISAのタッチ
決済対応カードを発行するプレスリリースに対して
ニコスの方針が見えない。

具体的には2019年3月から新規及び更新カードで
ANA VISAカード(SMCCカード発行)はVISAのタッチ
決済に対応する一方、ニコスは非接触IC決済の方針
がわからない。

前向きにとらえると、減損によって身軽になり今後の
ビジネス方針が立てやすいメリットがあるため2019年
はコンタクトレス対応など新サービスをニコスに期待したい。
 
スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる