FC2ブログ

2019-04

8大コンビニ本部、加盟店オーナー支援の行動計画の策定をまとめた

2019年4月5日に世耕経産大臣の呼びかけ(召喚)によりコンビニ8社
の自主的な行動計画策定を求め、各社が回答した内容をまとめた
*2019年4月25日16時現在
*正確な情報は各社HPでご確認ください

▼セブンイレブン
(20,904店 2019年3月末現在)

セブン‐イレブン・ジャパン「行動計画」を策定
https://www.sej.co.jp/company/news_release/news/2019/20190425.html
ポイント
・人手不足への対応と省人化
・柔軟なチェーン運営のあり方を模索
・具体的な数字や時期がなく消極的な印象

▼ファミリーマート
(16,420店 2019年3月末現在)

ファミリーマート加盟店支援「行動計画」に関するお知らせ
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2019/20190425_01.html
ポイント
・2019年度は店舗運営の効率化に約250億円投資
・24時間奨励金の増額に約5億円
・開始時期の予定と本部支援額を明示

▼ローソン
(14.659店 2019年2月末現在)
*ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100の合計

加盟店支援ならびに加盟店との関係のさらなる強化策について
https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1371889_2504.html
ポイント
・2019年度は既存店に855億円の投資計画
・複数店にチャレンジしやすいフランチャイズ契約パッケージの導入検討
・全テキストが画像、過去の努力アピールの多さに驚きつつ
2019年度は既存店の投資金額を明示

▼ミニストップ
(2,185店 2019年3月末現在)

2019年4月25日現在、行動計画のニュースリリースはないが同年4月23日
に過去の反省、加盟店と本部の利益分配のあり方の変革を表明
イオンのコンビニエンスストア事業に関して
https://www.ministop.co.jp/corporate/release/assets/pdf/20190423_10.pdf

▼山崎製パン・デイリーヤマザキ
(1,493店 2018年12月末現在)

2019年4月25日現在、行動計画のニュースリリースはない

▼セイコーマート
(1,190店 2019年3月末時点)

各位セコマのコンビニエンスストア事業について
https://www.seicomart.co.jp/images/top/pdf/20190425.pdf
ポイント
・加盟店は全体の約25%、24時間営業は全体の22.8%
・ロイヤリティは総粗利益額の10%
・加盟店の裁量権などを見て、なぜ召喚されたのか疑問

▼コミュニティ・ストア
(521店 2018年12月末現在)

2019年4月25日現在、行動計画のニュースリリースはない

▼ポプラ
(371店 2019年2月末現在)

FC運営に関する行動計画
https://www.poplar-cvs.co.jp/ir/pdf/index/2019/news_190425.pdf
ポイント
・24時間営業は全体の18.9%
・ロイヤリティは売上の3%
・営業時間やロイヤリティを見て、なぜ召喚されたのか疑問

■まとめ
8社中5社が召喚から20日間で行動計画の策定を公表した。
結果論ですがセブン、ファミマ、ローソン3社のみの召喚で
よかったでしょう。

セブンの1加盟店が本部許可を得ずに時短営業したら加盟店
契約解除+違約金1,700万円払えニュース
がきっかけでコンビニ
本部のきれいでない稼ぎ方が注目された結果、業界最大手
セブンの行動計画が一番消極的に見えたのが印象的だった。
 
スポンサーリンク





テーマ:経済ニュース - ジャンル:ニュース

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる