FC2ブログ

2020-01

ニッセイ外国株式インデックス、コストを0.093%に引き下げであの情報公開を期待したい

今日はこのリリースから

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
の信託報酬率引下げ(投資信託約款変更)について
https://www.nam.co.jp/news/fpdf/200120_press101.pdf

▼内容
*以下すべて税別
ファンド名:ニッセイ外国株式インデックスファンド
信託報酬コスト:0.0999% → 0.093%
変更日:2020年2月21日

▼競合ファンドの最新コスト比較
・ニッセイ外国株式 0.093%
・雪だるま先進国株式 0.0965%
・eMAXIS Slim 先進国株式 0.0965%
・たわらノーロード先進国株式 0.0999%

▼まとめ
時系列を整理すると雪だるま(最安)→Slim(最安同率)→ニッセイなしなし(最安)
と2020年も最安コスト競争が続いている。マザーファンドの純資産総額の比較も
と思ったが、簡単に比較できないことが投信業界の現状である。

わかりやすい信託報酬コスト競争はうれしいが、各マザーファンドの規模や各
ベビーファンドの保有比率や実質コストなど情報開示競争も今後は期待したい。
 
スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる