FC2ブログ

2020-01

eMAXIS Slim 先進国株式、0.0965%と競合の雪だるまと同率にコスト引下げ

今日はこのリリースから

業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXISSlim(イーマクシススリム)』
信託報酬率の引き下げを実施
https://www.am.mufg.jp/text/release_191204.pdf

▼内容
*以下すべて税別
対象フォンド:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
コスト:変更前 0.0999% → 変更後 0.0965%
変更日:2019年12月27日
純資産:約667億円

▼競合ファンドのコストと純資産の比較
2019年12月3日現在
・ニッセイ外国株式
0.0999% 約1,426億円
・たわらノーロード先進国株式
0.0999% 約437億円
・雪だるま先進国株式
0.0965% 約16億円
*変更日:2019年12月18日

▼まとめ
2017年12月に続いて2019年12月も雪だるま先進国株式が最安コスト
を更新、Slim先進国株式が同率コストに引き下げになる。最安コスト
の先駆者は雪だるまやニッセイ外国株式であって二番手以降のSlim
シリーズの戦略は現在も賛否がある。

つみたてNISAがスタートから約2年になるがインデックス投信でメイン
資産クラスである先進国株式は4ファンドがコスト競争のおかげで
インデックス投資家は超低コストで運用できる環境は素直にうれしい。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる