FC2ブログ

2020-02

SBIホールディングス、地方銀行3行目の資本業務提携で次の地銀は

今日はこのリリースから考えてみる

株式会社筑邦銀行との資本業務提携に関するお知らせ
http://www.sbigroup.co.jp/news/2020/0117_11824.html

SBIホールディングスは島根銀行、福島銀行に続いて筑邦銀行と資本業務提携
を結んだ。この3行の共通点はマネータップ社に資本参加していること

▼マネータップ社への出資会社
SBIホールディングス、京葉銀行、足利銀行、阿波銀行、愛媛銀行、大垣共立銀行、
北日本銀行、きらぼし銀行、群馬銀行、山陰合同銀行、滋賀銀行、島根銀行、清水銀行、
新生銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、セブン銀行、仙台銀行、第三銀行、
大和証券グループ本社、筑邦銀行、東邦銀行、東和銀行、栃木銀行、広島銀行、
福井銀行、福岡中央銀行、福島銀行、北陸銀行、みちのく銀行、三井住友信託銀行、
山口フィナンシャルグループ(山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行)
http://www.sbigroup.co.jp/news/2020/0117_11828.html

この動画も参考に引用する

▼倒産するかもしれない地銀ベスト10
*その他証券の保有率が高い

1位 福邦銀行 福井県
2位 筑波銀行 茨城県
3位 南都銀行 奈良県
4位 フィデアHD(荘内銀行、北都銀行) 宮城県
5位 長野銀行 長野県
6位 福井銀行 福井県
7位 中京銀行 愛知県
8位 大東銀行 福島県
9位 仙台銀行 宮城県
10位 青森銀行 青森県
https://www.youtube.com/watch?v=ktT7aoRa1f0

▼まとめ
地方のお金はその地方のために運用することが地方銀行の仕事の1つ
と思われるが、SBIグループと資本業務提携により地方外に資金流出する
のか、それとも地域内で活性化するのか今後を注視したい。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:お金の勉強 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる