FC2ブログ

2021-08

auPAY、残高チャージ可能なVisaクレジットカードが限定された理由

現在3月2日17時ですが、auPAYは1週目以来の火曜日3/3まで
キャンペーン(CP)が継続することがわかった。

ステージ2は3週間で最低5日(6000px5)はCP適用期間にしないと上限還元
3万ポイントに到達しないため、火曜日も適用日にする必要があるのでしょう。

本題ですがauPAYはクレカチャージでMastercardとAmexは発行会社
を問わないが、Visaブランドについては利用できない発行会社がある。

▼auPAYでチャージ可能Visaクレジットカード
・au WALLETクレジットカード
・セゾン/UCカード
・MUFG/DC/ニコス(MUN)
・T3 CUBIC CARD
・EPOS CARD

▼上記発行会社の共通点
エポスを除きビジネス上の資本や業務提携がありチャージ手数料など
のメリットがあると考えられる

・MUNはau WALLETクレジットカード発行会社の1.5%の第2位株主
https://www.kddi-fs.com/corporate/company/
・セゾン/UCカードはau WALLETプリペイドカードの発行運営を受託
https://www.saisoncard.co.jp/services/preca/
・トヨタ自動車(トヨタファイナンスの親会社)はKDDI(au)の第2位株主 約12%
https://www.kddi.com/corporate/ir/stock-rating/stock/

▼まとめ
ビジネス上の視点からVisaブランドでチャージ可能クレカ発行会社とau(KDDI)
の関係性を調べた。利用ユーザーからは正直わかりにくいサービスであること
も確かである。

前向きにとらえれば、2020年3月3日火曜日は各コンビニの新商品が並ぶ曜日
なので20%お得に購入できるチャンスでもある。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる