FC2ブログ

2021-05

GPIFの新役員人事、公的年金は外資のおもちゃになるのか

GPIFは2020年4月1日に新役員を発表された
役員の異動について
https://www.gpif.go.jp/topics/personnel_0401.pdf
理事長:宮園雅敬
理事:藤原禎一(総務・企画等担当)
理事:植田栄治(管理運用業務担当)兼CIO
*GPIFとは公的年金積立金の管理、運用している独立行政法人
*CIOとはChief Investment Officerの略称。ファンド運用管理の最高責任者

新理事長の宮園さんは元農林中央金の代表理事
藤原さんは厚生省の元官僚
植田さんは元ゴールドマン・サックスの取締役

農林中金はリーマンショックで1兆円以上の損失を出し現在CLOを約8兆円
を保有しており金融危機が起きると兆円単位の損失が出る恐れがある
*CLOとはCollateralized Loan Obligationの略称。
金融機関が企業に貸出している貸出債権を証券化した債権

CLO保有額
農林中金:約7兆9千億円
三菱UFJグルーブ:2兆4千億円
ゆうちょ銀行:1兆5千億円
*2019年9月末時点
ソース
「リーマン」類似、投資急増 農林中金など3社 CLO、計12兆円
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201911/CK2019112702000149.html

ゴールドマン・サックスなど外資系証券会社がCLOなどハイリスク・ハイリターン
の債券を農林中金やゆうちょ銀行や地方銀行などに販売した経緯がある。新型
ウイルスで世界経済が変調する中、元ゴールドマン・サックス取締役の方が日本
国民のために働くのか、米国など外資系企業のために働くのか今後を注視したい。

私個人としては公的年金にリスク資産は不要と考えるが、最低限妥協しても
小規模企業共済の基本ポートフォリオが最適解の1つと考える。

▼小規模企業共済の基本ポートフォリオ
https://www.smrj.go.jp/kyosai/skyosai/customer/performance/frr94k00000011ne-att/su_hoshin.pdf
国内債券 87%
国内株式 6%
外国債券 4%
外国株式 3%
*2019年12月現在
*四捨五入した数字

GPIFの基本ポートフォリオ
https://www.gpif.go.jp/gpif/portfolio.html
国内債券 35%→25%
国内株式 25%→25%
外国債券 15%→25%
外国株式 25%→25%
*2020年4月1日現在

参考記事
新型コロナが誘発!ゆうちょマネー「100兆円金融危機」の正体
https://friday.kodansha.co.jp/article/103084
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる