FC2ブログ

2021-05

ホットサンドクッカー、PEAKS 9月号増刊 CAMP TOOLS 2020を最速レビュー、2,200円の価値はあるか

2020年7月29日発売予定の雑誌付録ホットサンドクッカーが
7月25日にAmazonからなぜか早めに届いた。

ドアチャイムを聞いてモニターで怪しげなお兄さんを見て
スルー案件かと思ったが手荷物を確認して応答すると
「宅急便です」
いちおう
「どこからですか」
と聞くと
「アマゾンです」
配達業者はいわゆる有名なデリバリープロバイダだがAmazonの帽子
や腕章で明確に区別して安心安全が欲しいと思わないわけではない。

▼PEAKS雑誌付録のホットサンドクッカーの特徴
・食パン1枚で三角形にパンが焼ける
*一般的なホットサンドクッカーは食パン2枚で焼く
・表面はテフロン加工
・弱火利用が標準
・鉄製なのでサビに注意
・食パンは6枚切りを推奨
・組み立て式でプラスドライバーと六角レンチが必要
・2つに分かれるので単独で目玉焼きなどパン以外に利用可能
・ホットサンドソロ(4w1h)は閉じ口が3面に対してこのクッカーは2面

▼使用感
・クッカーにもバターなど油をぬりと書いてあるがなくても利用可能
・サイズが小さいので家庭用ガスなど焼くときに安定しない
→手放しで焼く事は難しい
・薄焼きであれば両面で弱火で5分程度で完成
・全体をきれいに焼くため両面で位置を変えながら焼くが必要でやや疲れる
・ロゴの焼印は難しく期待できない
・キャンプ用品だが家庭用として普通に利用可能
・焼き加減を見るために開閉時に両面がずれやすく毎回チャックしたい
・数回使用で裏面(焼く面)はこすりギズ多数できて塗装が剥げやすい
・食パンと具材によってはきれいに三角形に閉じることは微調整が必要

▼まとめ
本当はホットサンドソロが本命だが売切れで雑誌付録のクッカーは税込
2,200円とソロ+送料と比較して約三分の一と期待していなかったが、
食パン1枚で調理可能なので2,200円以上の価値があると判断。

今後の課題
・食パンをもっと簡単にきれいにはさめる型の工夫
・両面を閉じたときのズレにくい安定性
・ロゴ焼印の工夫(洗うことを考えるとロゴは1面だけでもっとシンプルに)
・裏面塗装が剥げやすい

現時点でAmazon、7net、楽天など販売開始前から在庫切れなのは
メルカリなどの転売目的が多いかもしれないが、本当に欲しい人に
いきわたる販売システムは今まさに必要でしょう。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる