FC2ブログ

2021-07

楽天証券、投資信託の保有ポイント制度改悪でSBI証券に移管すべきか

今日はこのリリースから
【資産形成ポイント】ポイント付与条件等の見直しについて
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20210625-01.html
【楽天銀行・ハッピープログラム】進呈ポイントの変更に関するお知らせ
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20210625-03.html

▼内容
楽天証券は資産形成ポイントか楽天銀行のハッピープログラムの
どちらかを選択し投信残高に応じてポイントが付与されるが、両
ポイント制度とも改悪されるが詳細は上記リンクでご確認ください。
参考リンク
「ハッピープログラム」と「資産形成ポイント」のサービス比較
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20120221-01.html#compare

▼投信保有ポイント改悪による移管は検討すべきか
まずつみたてNISA口座は移管することができないが、それ以外の
特定口座などは移管が可能。ポイント制度は各証券会社のさじ加減
で上下可能なのでしばし有利不利を見極めたい。

▼まとめ
そもそもポイント制度が2種類あり改めて確認したがわかりにくい制度
であることは確か。2021年8月時点ではSBI証券の投信マイレージの方
がお得ではあるが、ポイント制度変更の度に移管手数料の方が高くつく
場合があり、半年から1年程度は検討時間として保留する予定。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる