2017-08

子ローソンと親三菱商事の利益相反問題はどうするの?

7iHDのCEOだった鈴木さんが商社にコンビニは経営できないと
どこかの記事を読んだ記憶がいまだに残っている。

理由の一つはここ半年で三菱商事がローソンを子会社化することによる
利益相反であると思われる。利益相反の詳しい解説は下記記事が参考
になります。
ローソン不振の原因は経営者か親会社か

引用
ローソンは小売店なので、仕入れ先からはできるだけ商品を安く調達した
方が儲かる。一方、小売店に商品を納入する卸(ここでは三菱商事がこれ
に該当する)はできるだけ高く売った方が利益が大きい。

今年の株主総会では竹増社長が以下のことを発言されたとのこと
「1円でも条件が悪ければ三菱商事とは取引しない」
参考記事
ローソンの「売上高1割アップ」が困難な理由

ユニーファミマHDは伊藤忠の持ち分法適用会社なので同じようなことが
言えると思う。引用記事を見るとローソン新社長による船出は厳しいと思うが
外野の私としてはコンビニ業界 3位からの逆転劇を見てみたい。
 
スポンサーリンク






テーマ:経済ニュース - ジャンル:ニュース

«  | HOME |  »

プロフィール

国際電話の達人

Author:国際電話の達人
国際電話のホントをお伝えします。
Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる