FC2ブログ

2018-09

eMAXIS Slim 先進国株式は0.1095%に引き下げ、2018年1月30日から、つみたてNISAで無敵モードか

ブログ納めの挨拶をして、さてと散歩でもいこうか
と思った矢先ビックなニュースが入った。
この記事で知りました。

たわら先進国株でベンツを買うブログ
eMAXIS Slim先進国株、0.1095%に値下げ

商品名:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
信託報酬(税別):0.189%→0.1095%
変更日:2018年1月30日

このファンドの運用会社である三菱UFJ国際投信は
三菱UFJFGの一員ですが、一言で言うと

「オレは一歩も引かないぜ」

と強い意志と行動を見せつけられた。当ブログをご覧の方はピンときた
と思うが、EXE-iつみたて先進国ファンド対抗引き下げと思われる。

先進国株式インデックス 2017年12月29日現在
最速コストランキングまとめ(税別、ベンチマーク)

1位 eMAXIS Slim 先進国株式 0.1095%、MSCIコクサイ(2018年1月30日~)
1位 EXE-i つみたて先進国 0.1095%
FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス(2018年1月12日新規設定)
3位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式 0.189% MSCIコクサイ
4位 iFree 外国株式 0.19% MSCIコクサイ
4位 i-SMT グローバル株式(ノーロード) 0.19% MSCIコクサイ

念のためEXE-iつみたて先進国ファンドは公式サイトで公開した
情報でなくEDINETの情報であり、かつ新規設定日が2018年1月12日
とまだ販売されていないファンドに対して引き下げリリースした。

eMAXIS Slimの信託報酬コストの引き下げ過去実績は以下の通り
(税別)
2017/2/27  0.2% 新規設定
2017/10/2  0.19% iFreeの引き下げに対抗
2017/11/10  0.189% ニッセイの引き下げに対抗
2018/1/30  0.1095% EXE-iつみたてに対抗

引用元
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス さらなる信託報酬引下げ。EXE-iつみたてに対抗。

信託報酬コスト引き下げの背景
なぜ、つみたてNISA対象商品は数ヶ月でコストが下がったのか

つみたてNISAも課税口座もeMAXIS Slimシリーズに投資して
おけば間違いはないと、2017年末の最強アピールだった。
正直つみたてNISAの積立設定を野村つみたて外国株投信
から変更しようか迷うレベルです。

eMAXIS Slimの広告記事みたいになったが、つみたてNISA
の登場でインデックスファンド業界は激動の2017年だった。
これから投資をはじめる方は、より良い投資環境になって
インデックス投資仲間が増えてきたら素直にうれしい。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2009年から
インデックス投資をスタート
コンビニ三国志
ビール
2005年からブログ開始
Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる