2018-04

つみたてNISAの口座が25万件突破、大きな課題とは

今日はこの記事が気になった

日経電子版
つみたてNISA開始、大手ネット証券が独走か
*有料記事、無料登録すれば月10本まで無料閲覧可能

東洋経済オンライン
「つみたてNISA」が盛り上がらない根本理由
金融機関の大半がほとんど「売る気なし」


日経の調べでは、つみたてNISAの申込件数が、約25万件だった。
そして東洋経済では盛り上がらない一番の理由は、販売会社
である、金融機関の銀行や証券会社が儲からないから販売に
消極的との記事だった。

金融機関がつみたてNISAに積極的でないことはわからなくはない。
リアル店舗での販売はコストが合わないかもしれない。ただ、短期
の利益なのか中長期的な視点差はあるかと。

つみたてNISA対象者や金融機関も20年後の将来をリアルに考えて
行動するか、現状維持かの選択を金融庁からのメッセージかもしれない。

そう考えると、三菱UFJ国際投信がeMAXIS Slimシリーズでコスト
競争で攻め続けたり
、メガバンクの中では一番ラインアップが多い
三菱東京UFJ銀行
と三菱UFJFGのグループ戦略は理にかなう。

20年後のメガバンクの業績を見比べる楽しみも1つ増えた。
 
関連記事

スポンサーリンク






テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2009年から
インデックス投資をスタート
コンビニ三国志
ビール
2005年からブログ開始
Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる