2018-07

ニッセイ外国株式インデックス、上下ブレの賛否両論を比較してみた

今日はこの記事から

たわら先進国株でベンツを買うブログ
ニッセイ新興国株、1日で0.5%以上の下方乖離を出す

吊られた男の投資ブログ
乖離が出ている<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドってどうなのよ?

わかりやすく整理すると

▼毎日の上下乖離に反対
たわら男爵さん

印象的な言葉
プロである以上、結果で責任を取らねばならず、結果を示せなかった
ときは非難を甘受すべきです。しかも、ニッセイは、なぜこのような結果
になったのかについて、顧客に対し、合理的な説明を怠っています。

▼容認
吊られた男さん

印象的な言葉
元々,求めていないところでの品質を追求することにあまり意味はない
と思いますので,長期分散投資のインデックス投資家であれば特に気
にすることはないと思います。

▼当ブログ主の見解
比較対象ファンドが違うと指摘が入ると思うが、主旨は
インデックス投信はベンチマークとの毎日のブレを許容
できるかできないかです。

私の意見は、受け止めるです。人によっては毎日基準価額
をチェックされて、競合ファンドと比較する方がいらっしゃる
一方そこまで品質は求めていないが、運用が安定しなくて
気持ち悪いかもしれないことも両方理解できる。

別の言葉で表現すると、指摘することで逆説的に応援になり
容認しながらも実は、指摘が続かないよう安定した運用を
期待したい気持ちだと理解した。

ニッセイAMの過去の既存ファンドのコスト引き下げ続けた
行動は評価しているので、私も運用安定を望みます。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2009年から
インデックス投資をスタート
コンビニ三国志
ビール
2005年からブログ開始
Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる