FC2ブログ

2018-12

SBI証券、2018年3月の投資信託積立ランキングを更新、eMAXIS Slim 先進国は何位でしたか

2018年4月9日に更新されたSBI証券の
投資信託ランキングをインデックス投信
のみ抜粋してみる

2018年3月
積立設定金額
1位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
2位 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド
3位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
4位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
5位 楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド
6位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
10位 ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

積立設定件数
2位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
3位 ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
4位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
5位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
6位 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド
7位 楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド
8位 ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
9位 三井住友TAM-世界経済インデックスファンド
10位 ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

考察
・eMAXIS Slim 先進国は積立金額で1位、積立件数で2位と
順調な位置にいる

・このベスト10ランキングを見る限りインデックス投信では
三菱UFJ国際投信
楽天バンガード
ニッセイ
の3強に資金集中がわかる

・注目は、2017年生まれのインデックス投信がランクインが
多い中で、最速で純資産が100億円超えたのは、eMAXIS Slim
バランス8資産均等型が現在約101億円。次に100億円に
届きそうなのが楽天全米株式インデックス(VTI)が91億円。

まとめ
つみたてNISA元年の2018年は3ヶ月が過ぎたが、2017年の
新商品インデックス投信の売れ行きが良いことがわかる。
ニッセイと世界経済インデックス以外2017年産の投信です。

ネット証券のインデックス投信ランキングは低コストの商品
に人気が流れると思われるが、2018年の最初の3ヶ月は
Slimシリーズが優位でしたが、次の3ヶ月も同じような結果
になるのか、7月になったら再確認したいと思う。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2009年から
インデックス投資をスタート
コンビニ三国志
ビール
2005年からブログ開始
Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる