FC2ブログ

2021-07

なぜ確定拠出年金(DC)と一般向けインデックス投信でコストが違うのか

昨日、野村AMがDC専用ファンドで信託報酬コスト
を大幅に引き下げたが海外株式インデックス投信
でコストを比較する

*以下すべて税別

DC向け
野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI
信託報酬:0.14% (2019年6月18日から)

一般投資家向け
野村インデックスファンド・外国株式(Funds-i 外国株式)
信託報酬:0.55%

▼なぜ同じ商品でコストが違うのか
実は上記2インデックス投信ともに同じマザーファンド
を採用しており、販売先とファンド名が違うだけで中身
はほぼ同じである。

特定マーケットかつ継続して一定規模の資金が
集まるDCには低コストで販売し、そうでない一般
向けは重視していないかもしれない。

▼まとめ
私がDC専用ファンドを簡単には購入できず運用
会社HPを見ても販売会社の一覧はなかった。

同じ商品でも販売用途やチャンネルや名前が違う
だけでコストが0.4%も違う事実は投資信託の側面
でもある。

またNISA、つみたてNISA、イデコと税制の分散が
わかりにくい。早期に一本化し公平な投資環境が
整えば私的年金の加入者がもっと増えると考える。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる