FC2ブログ

2021-05

りそなAM、Smart-i 国内債券のコスト引き下げで最安コストになったか

今日はこのプレスリリースから

りそなAM
Smart-i国内債券インデックス運用管理費用(信託報酬)引き下げのお知らせ
https://www.resona-am.co.jp/oshirase/2019/pdf/190215_2.pdf

前回は3ファンドをコスト引き下げ
りそなAM、局地戦でインデックス投信3ファンドをコスト引き下げ

▼内容(税別)
対象ファンド: Smart-i 国内債券インデックス
信託報酬コスト:0.14%→0.12%
変更予定日:2019年3月26日
競合情報:
eMAXIS Slim 国内債券インデックス 0.139%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド 0.139%

▼まとめ
前回の先進国債券とTOPIXのコスト引き下げに
対してeMAXIS Slimシリーズは順調に同じコスト
に引き下げした。

更に対抗するか注目していたが、りそなAMは
別資産クラスで最安コストを仕掛けた。コスト
競争に参加するが、別の土俵で勝負する戦略
はユニークと感じた。

りそなGはMUFGと同じく受託会社部門をグループ
内で保有しておりコスト競争力の潜在力はあるの
で今後も見守りたい。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる