FC2ブログ

2021-07

じぶん銀行、スマホデビット1万円キャンペーンのためnanacoチャージした結果

先週この記事を書いた続き

じぶん銀行、スマホデビット新規登録で1万円ゲットのキャンペーン中だがしかし


スマホデビットを新規発行し5万円買い物してキャンペーン
にエントリーするだけで1万円現金プレゼントがスタート。
還元率20%とお得なキャンペーンだが対象外を確認すると

・特典付与時点で円普通預金口座が解約されているお客さま
・じぶん銀行スマホデビットを退会されたお客さま
・16歳未満のお客さまはじぶん銀行スマホデビットをご利用いただけません。
・キャンペーンは予告なく変更または中止する場合があります。
・ じぶん銀行スマホデビット売上情報の当行への到着時期によって、
ご利用合計金額の対象とならない場合があります。
・じぶん銀行スマホデビット利用後の返品・キャンセル等により、期間中のショッピング
利用金額が条件に満たなくなった場合は、本キャンペーンの対象外となります。

上記内容を正確に確認したのでnanacoチャージする前に
住信SBIネット銀行から5万円じぶん銀行口座に振込した。
ATM入金も考えたがステージ1で有料のため断念。

次にnanacoチャージするには公式サイトでスマホデビットの
事前登録が必要で登録完了後、24時間後にクレカチャージ
が可能になり、やや面倒なルールを思い出した。また残り
残高があると5万円以上はチャージできない仕様なので
残高は計算しておきたい。

本題のnanacoチャージは3万円と2万円の2回で合計5万円
問題なくチャージできた。デビットなのでアプリと登録メール
で出金がすぐわかる。メールには【ご利用先】 ナナコチヤ-ジ
と書かれておりnanacoチャージの取引が急増してCPに制限
がかかる可能性があるかもしれない。

念の為nanacoは2019年7月から200円で1ポイントと還元率が
半減したり、事後報告でnanacoギフトが購入不可になったり
と顧客本位でない運営が目立つため、nanaco支払いによる
税金や収納代行がいつ取扱中止になるか可能性があるため
必要以上のnanaco残高を増やすことは避けたい。

私はたまたまじぶん銀行に口座を持っていたから気軽に
CP参加できたが、当キャンペーンのためだけに口座開設
すべきかは慎重に考えたほうがいいでしょう。

じぶん銀行はサービス改悪や変更が多く今は残高が少ないと
ATM入金さえ手数料がかかる銀行である半面、親会社がKDDI
となり特にauユーザーに特別サービスが期待できるかもしれない。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:クレジットカード - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる