FC2ブログ

2021-07

楽天VTI、全米株式の信託報酬が0.15%に引き下げでeMAXIS Slimは動くのか

今日はこのプレスリリースから

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」実質的にご負担いただく運用管理費用の引き下げについて
https://www.rakuten-toushin.co.jp/news/pdf/20190514.pdf

内容
楽天VTI全米株式インデックスはトータルコストが税別
0.16%→0.15%に引き下げを2019年5月14日にプレス

次ターンはeMAXIS Slim 米国株式(S&P500) は
税別0.16%のため対抗コスト引き下げを実施すると
思われる。理由は先行設定され人気が高い楽天
VTI対抗ファンドとして誕生したのがSlim米国株式
であり設定時は同じコストである0.16%だったため。

各ファンド比較
▼ベンチマーク
楽天VTI:CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)
eMAXS Slim S&P500:S&P500指数(配当込み、円換算ベース)

▼純資産総額 2019年5月15日現在
楽天:約399億円
Slim:約約170億円

▼マザーファンドの投資内容
楽天:VTI(ETF)を約99%保有
Slim:現物株式を約99%保有

まとめ
ベンチマークや投資内容が違っていてもSlimは対抗コスト
引き下げは想定内と思う半面、楽天投信は米国ETFを購
入だけで税別0.12%固定コストはヴァンガードの企業姿勢
と方向性が同じには見えない姿勢をどう改善するのか
今後を見守りたい。
 
関連記事

スポンサーリンク




«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる