FC2ブログ

2021-07

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、コストが0.15%になり先進国株式との差は

今日はこのプレスリリースから

業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施
https://www.am.mufg.jp/text/253266_190522.pdf

内容
ファンド名:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
信託報酬コスト:税別0.16%→0.15%
変更日:2019年6月14日

当コスト引き下げはこのリリースによる対抗引き下げでしょう。

楽天VTI、全米株式の信託報酬が0.15%に引き下げでeMAXIS Slimは動くのか

5/14に楽天投信がリリースし5/22に三菱UFJ国際投信
が当リリースで1ヶ月後に同一コストになる。2つの米国
株式インデックス投信はETFではないがバンガードETF
と実質連動する動きはユニークと感じた。

私がつみたてNISAで積立中のSlim先進国株式のコスト
は税別0.109%とSlim米国株式とのコスト差は0.041%に
なるが、当面は同じコストにならないでしょう。このタイ
ミングでiFree S&P500インデックスが同一コストに
なれば三国志時代になるので少し期待したい。

Slim米国株式インデックスの純資産総額は2019年5月21日
現在、約180億円でSlimシリーズ中で3番めに純資産総額が
多く近い将来2番手にランクアップするか今後も注視したい。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:405@four o five
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

405@four o five

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる