FC2ブログ

2019-11

たわらノーロード、先進国株式は0.0999%、バランス8資産均等型は0.14%と最安コストだが中身が違う理由

今日はこのリリースから

「たわらノーロード」一部ファンドの信託報酬率を引き下げ
- 「先進国株式」および「バランス(8資産均等型)」、最低水準に -
http://www.am-one.co.jp/pdf/news/172/190913_AMOne_tawara.pdf

変更内容
*以下全て税別

・信託報酬コスト
たわら先進国株式:0.2%→0.0999%
たわらバランス8資産均等型:0.22%→0.14%
・変更日
2019年10月1日

注目ポイント
沈黙は金と思っていた、たわらノーロードが資産クラス別で
競合他社の最安コストと同じコストに大幅引き下げを実施。
注目点は信託報酬コストの中身である。

▼たわらノーロード先進国株式(みずほ系)
委託会社:0.0299%
販売会社:0.05%
受託会社:0.02%

▼ニッセイ外国株式(ニッセイ系)
委託会社:0.0354%
販売会社:0.0445%
受託会社:0.02%

▼eMAXIS Slim 先進国株式(三菱UFJ系)
委託会社:0.03995%
販売会社:0.03995%
受託会社:0.02%

たわらは運用会社=委託会社のコスト分配を減らしてその分
証券会社や銀行など販売会社の配分を増やす戦略をとった。

個人投資家にとって3投信とも同じ信託報酬コストだが販売側
はたわら先進国株式の販売に注力した方が少しでも継続した
手数料収入が増やせるメリットがある。

まさかの三菱UFJ系とみずほ系とニッセイ系の三つ巴の戦い
になりコスト競争が続くことは現在もインデックス投信は成長
分野かもしれない。

一個人投資家として健全な競争はうれしいが、SBI-AMが更に
攻めている現状に対してSlimシリーズはボーっと生きていない
と思いますが来週以降も動向を注視したい。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる