FC2ブログ

2019-11

eMAXIS Slim シリーズ、米国株式が0.088%、全世界株式が0.104%に競合と同率に引下げ

今日はこのリリースから

業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』
信託報酬率の引き下げを実施
https://www.am.mufg.jp/text/253266s_191015.pdf

内容
*以下全て税別

▼eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
信託報酬コスト:0.15%→0.088%
変更日:2019年11月12日

競合ファンド
SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
信託報酬コスト:0.088%
設定日:2019年9月26日

▼eMAXISSlim全世界株式(除く日本)
▼eMAXISSlim全世界株式(3地域均等型)
▼eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
信託報酬コスト:3ファンド共通0.12%→ 0.104%
変更日:2019年11月12日

競合ファンド
SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))
信託報酬コスト:0.104%
変更日:2019年9月26日

まとめ
eMAXIS Slimシリーズとて競合ファンドより45日以上遅れて
対抗コスト引下げは過去一番遅い対応と思われる。その間
にSBI・バンガード・S&P500は純資産総額を約26億円に
増やし、結果として敵に塩を送る形になったかもしれない。

今週の金曜日2019年10月18日はMUKAMのブロガーミー
ティングがあるので、過去経緯の説明があるかもしれない。
コスト引下げを実施するのであれば、より早いタイミングで
決断すべきではと思った方は私だけではないでしょう。
 
関連記事

スポンサーリンク





テーマ:インデックス投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる