FC2ブログ

2019-11

ドンキの奇想天外な売り方と買い方とは

今日はこの記事から

NIKKEI STYLE
「食品の利益ゼロでいい」 強烈な安さ、客呼ぶ目玉に

この記事のまとめは、目玉の食品の利益をゼロでもトータルで
利益を上げればいいと言う戦略を他の記事で目にしたことがある。

ただ私がよく行くドンキは、正直、賞味期限間近やスポット品以外
定番品が特別安いと感じたことがない。そういう意味で、ドンキで
食品の買い方は狙い品以外は大げさに言うと選球眼が試されて
いる気がする。

その他気になったヤフーニュースにコメントされた内容は

「チルドコーナーとかよく見て買わないと賞味期限、消費期限切れの物
が混じってたり、しばらく常温放置した後に陳列したのか、消費期限前
でもカビがポツポツ発生してる物があったりするので要注意。」

私の経験では、上記の経験は幸か不幸かありません。ただ
ディスカウントストアでは、安い代わりにリスクがあるものだ
と思っている。

なので、ドンキで食品の買い方は、価格が安いと思っても商品の
見極めが大切で、他のスーパーと比べて、賞味消費期限はもちろん
外見や商品のへこみや汚れなど注意深く確認するようにしている。

もちろんそんな確認が面倒だったり不安だったりする方はドンキ
で買い物をオススメいたしません。安いには理由があると思って
いて私は掘り出し物を、見つけるような感覚で買い物を楽しんでいる。
 
スポンサーリンク





テーマ:ショッピング - ジャンル:ライフ

ドラッグストア天下統一の勝者はイオンそれともツルハそれとも

今日はこの記事から

ダイヤモンド・オンライン
ドラッグストア業界大再編、イオン岡田社長がカギ握る

直近のドラッグストア売上順位
1位
ツルハHD 6,665億円(静岡地盤のドラッグストア、杏林堂薬局の売上含む)
2位
ウエルシアHD 6,231億円
3位
マツキヨHD 5,351億円

以前は何でも欲しがるマミちゃんの印象が強い(古い)マツキヨHDが
22年間ドラッグストア業界売上高トップだった。ここ最近はウエルシア
HDが企業買収を続け単独トップを奪い、しかし三日天下になったのは
ツルハHDがトップを奪還する熱い売上規模の競争が加速している。

そしてイオンは現在、ツルハHD株式を13.14%(17年5月末現在)
またウエルシアHDの株式をを50.54%保有していること。

イオン系の1位2位が統合すると売上1兆2,000億円を超える圧倒的
業界一位を確保できるが、イオンとしてはコンビニ業界でなしえな
かった業界一位の規模を確保したいと思うが、主導権はツルハ側
にあると言える。

理由の1つはウエルシアよりツルハの方が稼ぎ方は上手いから。
ツルハHD
当期利益 244億円(2017年度)
ウエルシアHD
当期利益 144億円(2017年度)

いずれにしてもツルハとイオンそしてマツキヨの今後の熱い業界の
戦いが見逃せない。9兆円のコンビニ業界と6兆円のドラッグストア
業界の戦いも合わせて注視したいと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビジネスの原点 - ジャンル:ビジネス

シャープの黒字化のカラクリとは

今日はこの記事から

WEDGE Infinity(ウェッジ)
イノベーションなきシャープの〝復活〟  

狙ったわけではないのですが、今日は2記事とも坂本さんが
登場してます。

上記記事ではシャープ黒字化のカラクリは徹底したコスト削減
とグループ内で利益損失の付け替えではないかと指摘している。

しがらみがないトップしかも外資系の方がくると、ここまでコスト
削減ができるのかと思った。いずれにしても日本生まれ今は
台湾系のメーカー、シャープが今後ユニークかつコスパの良い
新商品を投入できるか、楽しみでもある。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビジネスの原点 - ジャンル:ビジネス

アクア(旧三洋電機)の元社長 伊藤さんが渦中のJDIの救世主になれるか

アクア社長時代の伊藤さんが、シンプルな髪型や過去の
実績を見て、何かおもしろいことをしてくれそうな期待が
あったので、急に退任されたことは意外だった。

そしてこの記事で次の企業再生に戻ってきた。

東洋経済オンライン
JDI、「異色人材の参画」で目指す大改革の中身
伊藤嘉明CMO、「短期間で結果を出していく」


JDIはいろんな意味で、舵取りの難しい会社かつ2014年
上場以来、一度も最終黒字したことがない寄り合い企業。

伊藤さんの役職と役割は
(チーフマーケティングオフィサー
マーケティング&イノベーション戦略統括部 統括部長)
・社内組織改革によるスピード経営(リストラなど人件費の削減?)
・マーケティングつまり短期間で利益を上げること
・中長期的なビジネスの創造

と私はそう理解した。過去に坂本メモリ、失礼エルピーダメモリ
と言う生きた教科書があるので、外部から見ても日本の寄り合い
企業の再生は、非常に厳しいと思う。

またルネサンスエレクトロニクスという成功例もあるが、BtoBの
ルネサンスと比べてエルピーダ(メモリ)やJDI(液晶)はBtoCより
のビジネスなので、技術トレンドや価格の変化スピードが、早く
経営難易度が、より高いと思われる。

そんな火中の栗を拾うが如く伊藤さんが、アクア社長時代の
経験も生かして、どのように結果を出していくのか、もちろん
一人の力だけではないと思うが、決算結果も含めて今後も
追跡したいと思う。
 
スポンサーリンク





テーマ:ビジネスの原点 - ジャンル:ビジネス

はなまるうどんと丸亀製麺どっちが好きですか

以前ならコスパ重視でお腹いっぱい食べられれば
満足だった。

ただ最近は、お腹いっぱいより健康的な食事をしたいと
思うようになった。健康的な食事とはズバリ、デブになら
ないお腹を壊しにくい選び方である。

この記事から選び方、食べ方を考えてみた。

マネーポスト
丸亀製麺とはなまるうどんを比較 どっちのメニューがお得?

この記事で学習した私のベストチョイスは、はなまるうどんで
かけ小、天ぷら3個程度とネギの選び方である。さらに夕ご飯用
であれば、「吉呑み」みたいにビールなどが飲めれば言うことなし。
ついでに大塚駅近くに、はなまるうどんが出店希望です。
 
スポンサーリンク





テーマ:うどん - ジャンル:グルメ

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:国際電話の達人
2005年からブログ開始

2009年からインデックス投資
をスタート、つみたてNISAは
eMAXIS Slim 先進国株式を積立中

クレジットカード/タッチ決済/
コンタクトレス決済に興味あり

Twitter@国際電話の達人

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる